Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【上級ハッチバック対決】アウディA3 vs BMW 1シリーズ vs メルセデス Aクラス 前編

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AUTOCAR JAPAN

プレミアム・ハッチバックを牽引してきたA3

text:Simon Davis(サイモン・デイビス) translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)   ジョン・レノン。パブロ・ピカソ。アイルトン・セナ。名前を聞いただけで、少なくとも人物像はイメージできるはず。 【写真】A3と1シリーズ、Aクラスを比較 (101枚) 彼らは、その分野における伝説的な存在だ。音楽や絵画、モータースポーツなど分野は違えど、深く名を刻む功績を残している。ある分野で活躍しようとする新人たちは、キャリアを積むほどに、否が応でも過去の伝説的な存在と比較されることになる。 自動車の世界ではどうだろう。少し強引かもしれないが、アウディA3も、その中に加えられるのではないだろうか。間違いなく、プレミアム・ファミリーハッチバックという、新ジャンルを創出したモデルだからだ。 初代から3代に渡って、小さなアウディA3は、インゴルシュタットが生み出すモデルとして確かな功績を残してきた。英国では延べ60万台のA3が、道路を走ってきた。 誕生から24年間、ベンチマークと呼べる水準を構築してきた。新参のライバルは、アウディA3に並ぶ必要があった。 アウディの特長といえる、確かな洗練性と優れた動的性能、安定性。これらの強みは、A3の成功にも間違いなく貢献している。 さらにA3の成功を後押ししたのが、上質な素材や優れたデザインが、小さなハッチバックに与えられていたこと。アウディA3より以前は、サイズの大きいモデルのみが得ていた内容だったといっていい。

Aクラスと1シリーズ、A3の中での1番は

初代の放った大きな影響力は、2020年の今でも残っている。アウディは、3代目までの強みを見事に受け継いだ、最新の4代目をデビューさせた。先代までが築き上げてきた地位を、維持する態勢を整えるために。 4代目のA3は、汎用性に優れた、フォルクスワーゲン製MQBプラットフォームの改良版をベースとする。スタイリングはスポーティさを高めつつ、先代の雰囲気を踏襲。リア・サスペンションはマルチリンク式となり、インテリアは大胆に一新してきた。 マイルドとプラグインのハイブリッドも、追って登場予定。高性能なS3とRS3も控えている。 当面、最新のA3で選べるエンジンは、150psの2.0L 4気筒ディーゼルターボと、同じく150psの1.5L 4気筒ガソリンターボの2種類。今回選んだのは、1.5Lガソリンの方だ。 第一印象としては、先代までの成功を4代目も掴めるように思える。しかし、それほど簡単にはいかないだろう。 メルセデス・ベンツAクラスは、滑らかなスタイリングの4代目へとモデルチェンジ。従来以上に完成度を高めている。 BMWは、FRという構造がはらんでいた課題を、FFという新パッケージに改めることで解決。それでいて、動的性能は充分に評価できる水準を保っている。 今回は、ルセデス・ベンツAクラスからは163psのA200 AMGライン・プレミアム、BMWからは140psの118i Mスポーツを選出。150psのアウディA3 35 TFSI Sラインと、直接比較をしてみたい。

【関連記事】