Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

嵐に飛び込んでデータを収集! ハリケーン・ハンターズとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

熱帯性低気圧やハリケーンの進路、強度、タイミングを予想するのに役立つデータの多くは、嵐の周囲や中心や上空を飛ぶ飛行機の小隊によって得られている。 【全画像をみる】嵐に飛び込んでデータを収集! ハリケーン・ハンターズとは 「ハリケーン・ハンターズ」はアメリカ海洋大気局内のチームで(アメリカ空軍予備役のチームがサポートすることもある)、嵐へ飛び込み、「うなる風や激しい雨、上昇気流、下降気流」を切り裂き、擦り抜けて、情報収集を行っている。 この過酷なミッションには8時間から10時間かかるが、 そのデータによる予報で人々が避難したり、より早く避難場所を探したりするのに役立ち、命を救うことになる。 ハリケーン・ハンターズと彼らのすばらしい飛行機を見てみよう。 ハリケーン「ローラ(Laura)」が8月26日(現地時間)にメキシコ湾を直撃すると、テキサス州およびルイジアナ州の沿岸部の住人たちは、ここ数年でアメリカを襲った中でも最大級と予測された嵐に備えた。 ナショナル・ハリケーン・センター(National Hurricane Center)は、26日深夜から27日早朝にかけて上陸すると予報されているカテゴリー4のハリケーン・ローラによる暴風雨で、海岸沿いは「致命的な」高潮となる可能性があると警告した。 気象予報士たちがローラのような嵐の進路、強度、タイミングを予想するのに役立つ情報と知識の多くは、アメリカ海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration:NOAA)やアメリカ空軍予備役(US Air Force Reserves)が運用する飛行機の小隊によって得られており、彼らは激しい嵐に直接飛び込み、それらのデータを収集している。NOAAによると、パイロットたちは嵐へと飛び込み、「うなる風、激しい雨や上昇気流、下降気流」を切り裂き、擦り抜けて「比較的静かな嵐の目の中へと入って行く」という。 こうした「ハリケーン・ハンターズ(Hurricane Hunters)」は一度の任務で8時間から10時間の間、嵐の中を飛び続けることもあり、危険な場所にいる人々が天候が変わらないうちに避難したり、避難場所を探したりするための、命を救う予報に貢献している。 以下でハリケーン・ハンターズについて詳しく見てみよう。

【関連記事】