Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

氷室京介とRCサクセション、キングオブロックのライブ盤を振り返る

配信

Rolling Stone Japan

日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2020年6月の特集は、ライブ盤。第3週目となる今回は、RCサクセションと氷室京介のライブアルバムを語っていく。 忌野清志郎名言集の発売 B・BLUE / 氷室京介 こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人、田家秀樹です。今流れているのは、氷室京介さんの「B・BLUE」。言うまでもなくBOØWYの1986年のアルバム『BEAT EMOTION』の1曲目。1988年のライブ「LAST GIGS」の1曲目でもありました。2004年8月に東京ドームで行われた「KYOSUKE HIMURO "21st Century BOØWYs VS HIMURO」からお聴きいただいております。良いでしょう、この歓声。今日の前テーマはこの曲です。

氷室京介に影響を与えたRCサクセションの久保講堂で行われたライブ

今月2020年6月の特集はライブ盤。日本列島は全くライブがない状態になっております、日本のコンサート文化は大丈夫なのか? 早くライブが再開される日が来てほしい。そんな心からの願いを込めてお送りしております。レジェンドたちが残してきたライブアルバムから聴いていこうという1ヶ月。今週はPart3、キングオブロックの二組が残した二枚。氷室さんの『KYOSUKE HIMURO "21st Century BOØWYs VS HIMURO』と、RCサクセションの『RHAPSODY NAKED』の2枚です。なぜこの二組かと言いますと、キングオブロックという名前を欲しいままにした人だからですね。そしてRCサクセションからBOØWYへと続く、日本のロックの歴史の立役者2人ですね。氷室さんがBOØWYを結成することを決意したのが1980年の夏のRCサクセションの日比谷野外音楽堂公演を見てからです。群馬から上京して思うような活動ができず、東京を離れようかと思った時に、たまたま行ったRCの野音ライブを見てもう一度やろうと思った。これはもうBOØWY伝説、日本のロック伝説ですね。そして、1988年の東京のLAST GIGSでバンドを解散しました。ソロになってからバンド時代をずっと封印してきた彼が、初めて正面からBOØWYを歌ったのがこのライブでありました。そして、そのRCサクセションが世に認められるきっかけになったのが、1980年4月5日久保講堂で行われたライブ。そのライブを収めたのが、この『RHAPSODY NAKED』ですね。その中からご紹介いたします。 ロックン・ロール・ショー / RCサクセション 2005年に発売されましたRCサクセションの『RHAPSODY NAKED』から「ロックン・ロール・ショー」。ライブが行われたのが1980年の4月なんですね。アルバムは最初1980年6月に出てるんですが、9曲しか収録されていなかったんです。しかも、音のオーバーダビングとか差し替えがあったりして、ライブそのままという感じではなく、アルバムにはライブアルバムと銘打たれていなかった。でも聴いていると拍手が入ったりしていて、これはライブアルバムだったんだって改めて気づくという作りでした。私はライブ当日に会場にいまして、あのアルバムを聴いてなんか違うなという感じはあったんですね。確かに良いアルバムではあるんだけども、あの日のライブアルバムっていう感じはしなくてモヤモヤしたものがあったんですが、これが2005年に『RHAPSODY NAKED』が出て、これなんだよ!と納得した気分になりました。今日はこのアルバムをご紹介しようと思います。

【関連記事】