Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

役割は「家族、兄弟」  バレンティンら助っ人支える鷹通訳の知られざる姿

配信

Full-Count

ソフトバンクでデスパイネや新加入のバレンティンらを担当する青木レオナルド氏

 2月1日、プロ野球の12球団が一斉にキャンプインの時を迎えた。沖縄、宮崎で球春が到来し、各球団のキャンプ情報が各メディアを賑わすようになってきた。今季は東京五輪で開幕が早まることもあって、早くも実戦形式なども行われ始めている。 【画像】新しいユニホームも違和感なし! バレンティンのソフトバンクユニ姿にファン歓喜「凄く似合っているね!!」  キャンプで大きく話題となるのが各球団のルーキーと、そして新助っ人だ。ルーキーで言えば、ロッテの佐々木朗希投手や中日の石川昂弥内野手、助っ人で言えば、巨人のパーラやオリックスのジョーンズなどが大きな注目を集めている。  今季、4年連続での日本一を狙うソフトバンクで言えば、ヤクルトから移籍してきたウラディミール・バレンティン外野手が注目されている。ただ、ここで話題にしたいのはバレンティン本人ではない。その傍らで寄り添うように行動している男性、スペイン語通訳の青木レオナルド氏である。  青木レオナルド氏は2014年からソフトバンクで通訳を務め、今はデスパイネやグラシアル、そして今季から加入したバレンティンと、スペイン語を話す選手を担当している。外国人選手が活躍するためには、その選手の実力以上に、周囲の環境が大切とも言われる。その中で通訳が果たす役割は大きい。  デスパイネ、グラシアル、モイネロら近年、多くの外国人がしっかりと成績を残しているソフトバンク。そこには通訳として選手たちと関わる彼らの知られざるサポートがある。そこで、通訳として果たすべき役割や、その仕事の中身などをデスパイネらを支える青木レオナルド氏が語った。

選手のサポートは“家族ぐるみ”、選手の家族を妻もサポート

 外国人選手と四六時中、行動を共にする通訳。青木レオナルド氏は「通訳と言っても、言葉を訳していればいいというわけではないんです。言葉が分かりさえすれば、訳すことは誰でもできますから」と断言する。球団の通訳にとって、最も大事なことは「環境を作ってあげる、ベースを作ってあげること」だという。  ただ言葉を訳すだけではない。チームに溶け込みやすいようにアシストしたり、私生活で暮らしやすいようにしたり、相談に乗ったりと様々な役割がある。「今年からバレンティンが来ましたけど、バレンティンだけでなく、バレンティンの家族、みんなが日本にきた時に気持ちよく過ごせるようにしてあげること。なにか聞かれる前にこっちから行動するとか、用意してあげること」を意識しているという。  選手とその家族が日本で、福岡で安心して暮らせるようにする。まずは野球に集中できるようにするために、そういった環境作りが必要なのだという。青木レオナルド氏はこのオフ、バレンティンの加入が決まると、1週間ほど家族で共にマイアミにあるバレンティンの自宅を訪れたという。 「バレンティンの奥さんとウチの奥さんにも信頼関係を作ってもらうためでもあります。バレンティンの奥さんが福岡に来たときに知っている人間がいると安心できますからね」。青木レオナルド氏にとっては妻のサポートも欠かせないという。選手たちが遠征に出ている間に、子供が病気になった時、何か私生活で困った時、選手の家族を青木レオナルド氏の妻がサポートしているのだ。  デスパイネの加入が決まった時も、家族でキューバを訪れて、1週間から10日ほど滞在。デスパイネだけでなく、デスパイネの家族と交流を図り、来日した際の不安を取り除くようにした。そう言った献身的なサポートがあるからこそ、選手たちは心置きなくプレーに集中できるのだ。

【関連記事】