Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ペットと入れる特別養護老人ホームで、余命3か月の飼い主が愛犬と過ごした最期

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 大切な家族の一員であるペットも、人間と同じように高齢化。要介護になった犬猫や、い主亡きあとの心配に応えるサービスが続々登場している。ご長寿時代の「終活」最前線をレポート! 【写真】特養で高齢者と仲良く暮らす愛らしい犬猫たち

ペットと入れる全国唯一の特養

 神奈川県横須賀市にある特別養護老人ホーム「さくらの里山科」(以下、山科)は、利用者が愛犬や愛猫と一緒に入居できる、特養では日本で唯一の施設。理事長の若山三千彦さんは「高齢者ができないことをできるようにサポートする“あきらめない介護”が理念です」と語る。  ペットと暮らすことも、できないことをできるようにするサポートの一貫だ。開所から8年、現在は定員100名のところ、ほぼ満室。ともに暮らす犬10匹、猫9匹のうち、ホームで飼っている保護犬が3匹、保護猫が4匹いて、それ以外は利用者のペットだ。  ペットと暮らせる特養誕生のきっかけには、1人の高齢男性の悲しい経験があった。「さくらの里山科」を運営する「心の会」では、開所前、在宅サービスも行なっていたが、その利用者にミニチュアダックスフントとともに暮らす男性がいた。天涯孤独で、愛犬だけが家族。在宅介護を受けていたが、とうとう独り暮らしが難しくなり、老人ホームに入居することになった。その際、身寄りのない男性は愛犬をどうするか悩んだ末、保健所へ連れていったのだ。  在宅介護で関わっていた職員が心配し、老人ホームに入居した男性に面会に行くと、そのたびに「俺は、自分の家族を殺した」と言って泣いた。生きる気力を亡くしたのか、その男性も入居後わずか半年で亡くなってしまう。 「“人生の最後に、自分の家族を殺して絶望しながら亡くなるなんて、こんなに悲しいことはない”と言って職員も泣いて。それを解決したいと思いました」(若山さん)  現在、「さくらの里山科」では10室で1つのユニットを組み、施設全体で10ユニットがある。うち、2ユニットに犬が、2ユニットに猫が暮らす。犬猫たちは、このユニットの中では自由に行き来して、どの部屋にも入れる。 「ユニットがひとつの家族で、犬猫をみんなで飼っている感じです。ホームの飼い犬・飼い猫も、利用者さんの愛犬・愛猫も、同じように生活しています。犬や猫の飼育は2階のみとしているのですが、アレルギーを持つ方も安心して暮らすためです」  と、若山さんは話す。

【関連記事】