Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

いざ勝負!! 満を持しての新型車に勝機はあるか!?? 新型キックスの長所と短所

配信

ベストカーWeb

    2020年6月、発売開始となった、日産のコンパクトSUV「新型キックス」。経営不振に苦しむ日産の期待を一身に背負った新型SUVだけに、その仕上がりは、気になるところだ。   そして、この新型キックスが属する「国産コンパクトSUV」ジャンルは、いま国内で、最も熱いジャンル。日本市場では、コンパクトSUVは乱立状態にあり、そしてどのクルマも商品力が高い。   果たして、後追いとなる日産キックスに勝算はあるのだろうか。ライバル車と魅力を比較しつつ、考察していく。  文:吉川賢一/写真:NISSAN、TOYOTA、HONDA、ベストカー編集部  

車両価格の高さは販売のネックに

    新型キックスは、「X(2,759,900円)」と「Xツートーンインテリアエディション(2,869,900円)」の2グレードでの展開だ。パワートレインは1.2リッター3気筒ガソリンエンジンを発電機としたモーター駆動のe-POWERのみで、ガソリン仕様はない。   ボディサイズで見たとき、新型キックスとガチンコライバルとなる国産SUVは、ホンダヴェゼルとトヨタC-HR。この2台には、ガソリンエンジン仕様も用意されている。   ヴェゼルのガソリン仕様は1.5リッターi-VTEC(131ps/15.8kgfm)で価格は211万円~、そしてC-HRのガソリン仕様は1.2リッターターボ(116ps/18.9kgfm)で価格は236万円~といった具合だ。   車両価格が安いガソリン仕様がないことは、今回の新型キックスの弱点のひとつだ。e-POWERは新型キックスのウリではあるが、e-POWERを求める顧客ばかりではない。新型キックスのデザインが気に入って買ってくれる顧客にとっては、e-POWERのパフォーマンスや燃費がどれほど良くても、30~40万ほど高い、となると、それだけで候補から外れてしまう。   電動車の比率を上げる、という自社が掲げた目標を達成するためなのであろうが、ベースグレードが不在、というのはいささか不安ではある。   しかし、新型キックスは、特段高いわけではなく、ヴェゼルのハイブリッド仕様は250万円~、そしてC-HRのハイブリッド仕様は273万円~。こうしてハイブリッド同士で比べれば、キックスの276万円~という車両価格は妥当といえる。

【関連記事】