Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Tリーグ】Tリーグ選抜が日本代表選抜を撃破 初参戦の及川瑞基が「最高にうれしい」殊勲星

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 卓球「Tリーグ」の「2020 JAPAN オールスタードリームマッチ」が14日、東京・大田区総合体育館で無観客(リモートマッチ)で行われた。第1部はTリーグ代表選抜が5―4で日本代表選抜を撃破。11ポイント先取でジュースなしの1ゲームマッチを9試合実施した。  Tリーグ代表選抜は第1試合で昨季最多勝の神巧也が張本智和に敗れるも、木原美悠、田添響、出沢杏佳と3連勝。第5試合では及川瑞基が丹羽孝希に10―11で屈したが、第6試合で森さくらが、リーグ戦で未勝利の石川佳純から初白星で王手をかけた。戸上隼輔が張本、加藤美優が早田ひなにいずれも10―11の惜敗で4勝4敗の五分に持ち込まれたものの、最終の第9試合で2度目の登場となった及川が、森薗政崇を11―3で圧倒した。  世界ランク62位の及川は昨季までドイツ・ブンデスリーガでプレーし、今春に木下マイスター東京と契約した。11月開幕予定の3季目でTリーグ初参戦となるが、開幕2ヶ月前に大きなアピールに成功。「最高にうれしいです」と白い歯を見せた。

報知新聞社

【関連記事】