Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西川貴教の潜在能力の高さこそがT.M.Revolutionの核であることが分かる傑作アルバム『triple joker』

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
OKMusic

9月19日は西川貴教の誕生日であり(祝!50歳!)、今年はコロナ禍で初のオンライン開催を余儀なくされたものの、同日13時から『イナズマロックフェス 2020』が行なわれるということで、今回はT.M.Revolutionの名盤をピックアップ! 1998年にリリースされ、自身初のチャート1位となり。ミリオンヒットとなった3rdアルバム『triple joker』を取り上げる。聴けば聴くほど実によくできたアルバムで、この音楽ユニットの本質と、西川貴教のアーティストとしての才能を如何なく示した傑作である。

J-ROCK最高のポップアイコン?

先日、お笑い番組を観ていたら、とある芸人さん(※確かタイムマシーン3号だったと記憶していますが、間違っていたらごめんなさい)が、T.M.Revolution(※以下T.M.R)をネタにしていた。恰幅が良かったので、タイムマシーン3号だったらたぶん関さんであったと思うが、“HOT LIMITスーツ”(※太めの黒ガムテープを身体に巻き付けたようなアレ)に身を包んだ彼が、他の芸人さんたちが手に持ったドライヤーで風を当てられ続ける──そんなネタだった。何を歌っていたのか忘れたけど、その出で立ちからすれば、「HOT LIMIT」であったであろう。「HOT LIMIT」のリリースは1998年なのでで、このネタが面白いか面白くないかと言ったら、正直言って微妙なところではあると思ったのだけれども(※個人の感想です)、わりとウケていたような気はする。そこでハタっと考えた。おおよそ4半世紀も前のMVをお笑いのネタにされるロックアーティストってT.M.R以外にいるだろうか、と。モノマネされるアーティストは多い。最近だと山下達郎一本でモノマネをやられている芸人さんもいらっしゃるし、米津玄師の歌唱を真似る方も何人からおられるようだし、モノマネされるアーティストは枚挙に暇がない。だが、T.M.Rのように、その歌唱を真似されるというのではなく、その演出をネタにされるアーティストは極めて稀ではないだろうか。少し考えてみても、彼の他にはちょっと思い浮かばない。 そんなわけで「HOT LIMIT」のMVを観返してみた。[赤い星形のステージが設置された海上で風を受けて踊るというもの]で、客観的に見れば至って真面目でシャープなMVである(※[]はWikipediaからの引用)。大型扇風機が映っていて、西川貴教の髪をなびかせているのはそいつの仕業であることが分かるなど、いわゆる裏方のスタッフも完全に見切れていて(※あそこまでくると、見切れるというのではなく、わざと映しているのだろうけど)、MVの撮影風景も分かる作りだが、別段、ギャグ要素はない。自分はその方面の関係者でもないので実際のところはどうだか分からないけれども、芸人さんが参考にするようなものではなかろう。それなのに、件のように今でも「HOT LIMIT」のMVがネタにされるというのは──もっと言えば、“風を受けながら歌うことがT.M.Rだ”という演者と視聴者の間での共通認識として成立するというのは(※少なくとも、その芸人さんはそう考えていたからネタにしたのだろう)、そのインパクトが相当に強かったという証左であろう。 また、それをネタにされることをT.M.Rサイドが容認したことも、今も“風を受けながら歌うことがT.M.Rだ”と認識される大きな要因だと思われる。いや、容認どころではない。それはほとんど煽りと言っていいと思う。そもそも風を受けて歌うのは「HOT LIMIT」に始まった話ではなく、5th「HIGH PRESSURE」と6th「WHITE BREATH」(共に1997年)から続いた演出で、むしろ「HOT LIMIT」はセルフパロディー的だったと言える。さらに、2016年に発表したデビュー20周年記念のオールタイムベストアルバム『2020 - T.M.Revolution ALL TIME BEST-』のジャケ写は、“HOT LIMITスーツ”を着た人物の顔を風で飛んできた新聞紙が覆っているという代物で、顔は写っていないけれど、それがT.M.Rであることが分かるデザインが施されている。悪ノリと言えばそうかもしれないが、徹底したその姿勢には感服するばかりである。

最終更新:
OKMusic