Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<FGO>“ダ・ヴィンチ”坂本真綾、宮野真守が「ダ・ヴィンチ」表紙 奈須きのこが第六特異点語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 8月6日発売の雑誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)9月号で、劇場版アニメ「劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-」の前編「Wandering;Agateram」が特集されることになり、レオナルド・ダ・ヴィンチ役の坂本真綾さん、ベディヴィエール役の宮野真守さんが表紙を飾ることが分かった。坂本さん、宮野さんの対談のほか、「Fate」シリーズの原作者の奈須きのこさん、藤丸立香役の島崎信長さんのインタビューが掲載される。 【写真特集】「FGO」第六特異点がアニメ化! 広大な砂漠が… カット紹介

 「劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-」は、スマートフォン用RPG「Fate/Grand Order(FGO)」の劇場版アニメ。奈須きのこさんがシナリオを担当した人気のエピソード・第六特異点をアニメ化する。「ダ・ヴィンチ」9月号では、奈須きのこさんが「Fate」シリーズや第六特異点への思いを語る。

 坂本さんと宮野さんの対談は、坂本さんの「ダ・ヴィンチ役をやっててよかったです(笑い)」という発言から始まり、2人の絶妙な掛け合いが繰り広げられたという。島崎さんは「FGO」をはじめTYPE-MOON作品の魅力を語る。

 「FGO」は、ゲームやアニメが人気の「Fate」シリーズのスマートフォン用ゲーム。未来が失われた世界を舞台に、プレーヤーがサーヴァントと呼ばれるキャラクターたちを従えて、過去にさかのぼる旅に出る。

【関連記事】