Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

電車内で避けたい「飲食」――ホームの売店で買ったパン、いつ食べてる?

配信

アーバン ライフ メトロ

電車内で食事したことありますか?

 2020年5月25日(月)、政府は東京を含む全47都道府県での新型コロナウイルス「緊急事態宣言」を解除しました。 【調査結果】間もなく梅雨時、電車内で一番不快に感じることは何?  4~5月の大型連休後は、在宅勤務(テレワーク)を終了した企業もあるのか、通勤時間帯の電車にやや混雑が戻ってきたとの声も聞かれます。緊急宣言の全面解除により、出社のため電車に乗る人はまた増えるかもしれません。  自宅で働く在宅勤務と比べて、通勤には当然、時間がかかります。首都圏では、都心への通勤時間が1時間以上という人もザラです。電車での通勤中や移動の途中、どうしてもおなかがすいてしまい、つい食べ物を口に運んだ、という経験があるという人もいるのではないでしょうか。  電車内で食べない方が社内マナーにかなっているのは違いないけれど、においがそこまで漂わないパンやおにぎり、スティック状の栄養補助食品ならギリギリOKなのではないか――そう考える人もいるかもしれません。  東京とその近郊を走る電車で一般的なロングシート。向かいの席に座っている人たちは多くの場合、スマホや本に目を落としているか、仮眠を取っているかで、特にスマホが普及してからというもの、電車内で人と目が合う機会が減ったように感じます。  筆者は以前、寝坊した日など、ちょっとマナー違反だろうかとドキドキしながらも、ほかの人がこちらを見ていないのを見計らい、そっとパンやおにぎりを口に運んだことがあります。でもそんな風に食事をしても、食べた気がしないというか、いまいち味がしないのですね。  こんな風に電車内で食べることは、実際のところ世間ではどう受け止められているのでしょうか。

世代で異なる、車内飲食の是非

 ウェブサイト『暮らしニスタ』編集部が既婚女性100人に取ったアンケートでは、普通電車で大人の女性がひとりでおにぎりを食べるのは「あり」が47人、「なし」が53人でした(2017年4月4日付)。ほぼ互角と言えば互角ですが、「なし」派が若干多いようです。  乗り換え検索サービス「駅すぱあと」のコラムサイト『ルウト研究所』の年代別調査では、10代の7割近くが電車やバス車内でパンやおにぎりを食べてもいいと回答(2017年11月14日付、ネタとぴ)。20代になると5割前後に落ち、年代が上がるほどにOKの割合は小さくなります。70代以上では2割強しかOKではなく、8割近くがNGとしています。  たしかに、高校生が電車内で食べている場面は、中年以上の大人が食べている場面よりも多く見かける機会があります。もしこれが、年を重ねるごとに身につけていく感覚でなく、世代によって異なる価値観なのだとしたら、若者の感覚は海外からやってきた文化なのでしょうか?

【関連記事】