Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自分専用のソースを独り占めできる串カツ店が本場大阪にある〈前編〉

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
メシ通

※この記事は2020年の緊急事態宣言前に取材しました まいど憶良(おくら)です。 大阪で食べたいものといえば、たこ焼きやお好み焼きなどいろいろありますが、忘れちゃいけないものが串カツ。 気軽に食べられて美味しいんですよね。 そして大阪の串カツと言えば、「ソースの二度漬けお断り」がルール、これ常識です。特にコロナ禍の現在、二度漬けなんかしようものなら店員さん、お客さんから白い目で見られるでは済みません。 またネット上では、どうすれば二度漬けができるか論争が繰り広げられたり、お店が販売しているソースを器に入れてもらって二度漬けをする人まで出てくるほど、ソースの二度漬けに対して、一種「あこがれ」ともいえる感情があるのかもしれません。 (この記事は前後編に分けてお届けします)

なんとソースの二度漬けOKのお店が本場大阪にあった!

そうなんです。 やっちゃいけないと言われるとやりたくなるのが人情とはいいますが、ソースの二度漬け、三度漬けを心ゆくまで楽しめるお店がここ、ヤナギストアなんです。 と、いうことで大阪市西区は北堀江にやって来ました。 ヤナギストアってちょっと変わった名前ですが、店長の柳さんによりますと、コンビニエンスストアのような気軽さで立ち寄って欲しいという思いが込められているそうです。 朝4時までやっているというところもコンビニ感覚ですよね。 ※現在は、取材時と営業時間が変更になっています

面白いのは各席に湯のみがセットされていること。 この湯のみがポイントとなりますので後で改めてご紹介しますね。

「おまかせ5串」に目が行きます! メニュー表のトップで、しかも味自慢と書いてあるからには食べないわけにはいきません。

看板メニューの「おまかせ5串」

この日の「おまかせ5串」は、赤ナス、しいたけ、ハムエッグ、海老、手羽素揚。 それだけではちょっと寂しいので他にも単品でいくつか注文しました。

まずはネタをバッター液につけます。 バッター液とは、魚や肉、野菜を揚げる前に素材の表面を覆うために使う液のことです。 以前なぜバッター液というかを調べたときに、「フライをあげるのがバッターだから」という解説があり、「バッターはゴロだって打つやんっ!」と思ったことがありましたが、“野球のバッター”とは関係ないんですね。 ちなみにここのバッター液には山芋が入っていて、口当たりがとてもよい状態に揚がるんです。

【関連記事】