Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ガンバ大阪ユースを創ったカマタマーレ讃岐・上野山 信行GMが語る「ユース年代のうちに身に付けたいこと」【前編】

配信

高校サッカードットコム

 古くは現在、ガンバ大阪トップチームの監督を務めるDF宮本恒靖に、2002・2006・2010年W杯日本代表のMF稲本潤一(現J3・SC相模原)やマンチェスターユナイテッド相手にゴールを決めたMF橋本英郎(現J3・FC今治)。近年では海外も経験したガンバ大阪のエースFW宇佐美貴史。日本屈指のテクニックを誇るMF家長昭博(現J1・川崎フロンターレ)など、日本・世界に通じる数多くのプレーヤーを輩出してきたガンバ大阪ユース。長年、その最高責任者として関わり、日本ユース年代の育成にも大きく寄与してきたのが上野山 信行氏である。  では、多種多様な選手の個性を活かしつつ、トップリーグで通用するスキルを身に付けるには、ユース年代でどのようなことをすればいいのだろうか?今年からガンバ大阪を離れ、新天地・J3のカマタマーレ讃岐でGM職を務める上野山氏に話を聴いた。  前編ではガンバ大阪ユース時代から貫いている「上野山メソッド」を公開!目からうろこのサッカー論含め、その根幹にある「ファーストタッチ」について話を進めていく。 【フォトギャラリー】上野山信行GM ヨーロッパと日本の差は「ファーストタッチ」の差 ーー上野山GMがガンバ大阪ユース時代から大事にしているのが「ファーストタッチ」です。  ファーストタッチとは、最初のタッチでどのようなプレーをするのかということです。味方から来たパスをトラップすることや、ダイレクトでシュートをする。これもファーストタッチです。 サッカーにおいて、一番の優先順位である「シュートを撃ってゴールを奪う」ために、どのプレー目的によって「ファーストタッチ」は変わってきます。そのために、次のプレーを考えながらファーストタッチをする必要があり、とても大切にすべきことであると思います。 ーー次のプレーを考えながら「ファーストタッチ」をするのは初めて見ると最初は難しい部分があるかもしれないですね。  初心者は止めることに必死になり、止めると同時に意図を考えることは容易ではありません。それをジュニア年代から指導しておいて習慣化すればさほど難しくはないです。僕はその意識レベルが「無意レベル」にまでなることが必要だと考えています。よくヨーロッパのサッカーが「すごいね」と言われますが、僕から見たら「ファーストタッチ」のレベルの差だと考えています。簡単に言えばヨーロッパは「次のプレーを考えたら、そこに止めるよね」。日本は「そこに止めて、次どうすんねん」。ここに差があるんです。だからヨーロッパ、南米はカウンターアタックにも日本よりもほんの数秒の差が「意図」があるんですよね。 ーーその象徴的なシーンが、2018年サッカーW杯決勝トーナメント1回戦・日本対ベルギー戦でベルギーが後半アディショナルタイムのカウンターで奪った決勝点というわけですね。 そういうことです。

【関連記事】