Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

貴乃花部屋消滅でライバルが仲間に…隆の勝“貴景勝絶賛“右差しで9勝 次戦朝乃山「四つに組んだら死ぬっす」

配信

中日スポーツ

◇18日 大相撲春場所11日目 〇隆の勝<押し出し>石浦●(エディオンアリーナ大阪)

 優勝争いに食い込む初めての大チャンス。隆の勝は、新たな武器の右差しで決して逃さない。直接対決で2連敗中だった石浦を突き起こしてから、満を持して右差し。間合いを詰めると土俵際で左右の動きも封じ込め、完璧に押し出し9勝目。2敗を守り、先頭を1差で追走だ。 【写真】一見すると孤独なトレーニングのように見えますが…  「足を動かして、前に前にという立ち合いが良かった。あれ(右差し)で安定したかなぁと。自分の相撲に自信を持って取れている」  元々は突き押し一本やりだった取り口。幅を加えてくれたのは貴景勝だった。きっかけは昨年の九州場所前の稽古。突き押し同士、真っ向勝負では分が悪い。夢中で踏み込んで繰り出したのが、右差しだった。  必死に寄り切ると「右、いいっすね」と声が飛んだ。以前はライバル視していた存在が、2018年秋場所後の貴乃花部屋消滅による転籍で、競い合う仲間に。大関からの太鼓判に「一緒にならなければ、右差しもなかった」とにっこり。「伸さん」と下のしこ名(伸明)で気さくに呼び掛け、助言を惜しまない貴景勝へ感謝の快進撃が続いている。  勢いのまま、12日目は朝乃山撃破といきたいところだが、大きな問題に直面する。真っ正直に右を差せば、相手の必殺の右四つが待ち構えている。それでも「右を差したらやばい。四つに組んだら死ぬっす」と相手の実力を認めつつ、冗談を飛ばす余裕がある。  程良いゆとりの根拠は原点回帰。「押し相撲の基本。当たって押す意識でやっていく」。今場所前、1日20番にも及ぶ大関との猛稽古で圧力を鍛えた成果を、優勝争いへの生き残りを懸けた一番でぶつける。

【関連記事】