Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

車間距離を自動調整するクルーズコントロールがバイクにも! BMWが近い将来にACCを搭載する

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

ボッシュと共同開発、渋滞や信号待ちはどうなる?

クルマではおなじみになりつつあるアクティブ クルーズ コントロールが、近い将来にBMWのバイクに搭載されることになりそうだ。これは速度や前方車との車間距離を自動的に調整してくれるシステムで、ツーリング中の高速道路などを快適にしてくれる装備。気になる“渋滞”や“信号待ち”については、さすがにクルマと同じようにはいかないようだが……。 【映像】BMW アクティブクルーズコントロール(ACC)はどう働く?

ボッシュ発表のドゥカティ&KTMに続き、BMWも!

ドイツの大手サプライヤー、ボッシュが以前に発表していたアクティブクルーズコントロール(ACC)のバイクへの搭載について、BMWから新情報が提供された。以前の発表ではドゥカティおよびKTMの車両へ2021年に搭載する方針とされていたが、これにBMWも続くことに。今秋のEICMAやインターモトといったモーターショーは残念ながら中止が決定されているが、いずれかのタイミングでオンライン等の発表がありそうだ。 新しいBMW Motorradアクティブクルーズコントロール(ACC)は、バイクに乗る際に最大限の快適さと可能な限りの安全性を提供する、車間距離制御機能つきのクルーズコントロール。通常のクルーズコントロールは設定した速度を保つだけで、速度を調整したいときには主導で行うが、ACCは前方の車両やカーブの状況などを検知して、車間距離や速度を自動的に制御してくれるシステムだ。BMWのACCは、パートナー企業の独ボッシュ(BOSCH)と共同開発したとされている。 このACCは、もっとも厳しい(先の読めない)環境である“ツーリング”で、最大限の快適性と安全性を得るためのもの。前方車両との車間距離は3段階に調整でき、システムはこれに準じて車両の速度を自動的に調整する。設定はTFTメーターパネルに表示され、車両速度と前方車両との距離を調整可能。また、「コンフォート」と「ダイナミック」の2つのモードがあり、加減速の特性が設定に応じて変化する。また、ダイナミッククルーズコントロール(DCC)を使用するために車間距離コントロール機能をオフにすることも可能だ。ちなみに、DCCは車間距離以外のコントロールをACCに準じた形で行う模様。

【関連記事】