Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

香港警察が12歳少女にタックルし検挙 非難の声高まる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 香港で9月6日の日曜日に行われた市民による大規模デモで、香港警察は計289人のデモ参加者を逮捕するなど大規模な警戒活動を展開した。そのなかで、たまたまデモが行われていた現場を通りかかった12歳の少女に警官隊数人が体ごと激しくタックルし、押し倒して検挙していたことが分かった。

 市民からは「明らかにやり過ぎだ。デモに参加していない少女を確認もせずに、暴力を使って検挙することが警察による正義なのか」との抗議の声が起き、数万人の市民が警察に謝罪を求める請願書に署名するなど、警察の行動に激しい批判が集まっている。香港メディアが報じた。  香港警察の警官数人が押し倒された少女の上から体ごと覆いかぶさっている場面は、現場にいた記者がビデオ撮影しており、瞬く間にSNSで拡散した。ビデオを見た少女の母親は「娘は兄と一緒に宿題をするために絵の具を買いに行っただけだ。デモに参加するわけがない」などと抗議している。  映像では、警官隊がデモ隊に接近した際、その横を歩いていた少女に職務質問しようと警官が近づき、とっさに走り去ろうとした少女の行く手を阻むようにしてもう一人の警官が立ち塞がりタックルしている様子が映し出されている。  香港警察によると、警官隊は少女を追いかける際に「必要最低限の力」で少女を検挙し、新型コロナウイルスの拡散を防ぐために社会的距離を維持する香港特別行政区の規則に違反したため、少女に罰金のチケットを発行したという。  これに対して、少女の家族はテレビのインタビューで、「違反の罰金に異議を唱える」と主張している。

 香港トップの林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は「現場の警官の行動にコメントする立場にはない」と「ノーコメント」を繰り返しているが、昨年6月以降の反政府・反中行動ではガス弾のほか実弾も飛び交い、警察が3000人以上の学生を逮捕するなどしており、国際社会も抗議の声を強めている。  ネット上では「デモの現場では『動くものはネズミでも捕まえろ』というのが香港警察上層部の命令だ。これは中国共産党指導部の指示を踏まえたものだ。警察は法の番人だが、香港の場合、警察の暴力によって無法地帯になりつつある」などとの辛辣なコメントが寄せられている。

【関連記事】