Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

3パットを極力したくない! 100切りを目指すゴルファーにプロが教える「パッティング」のコツ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

100切り達成のためにはパット数を減らすのが一番の近道。1パットなんていう贅沢は言わないから、なんとかグリーン上を2パットで切り抜けるために、ショートパット、ロングパットのコツを覚えておこう!

ショートパットは方向性を重視

100切りを達成するためには長い距離でもできるだけ2打で済ませて3パットは避けたいところ。 「そのために、まずはショートパットをしっかり沈めるところからです」というのはプロゴルファーの中村修。中村は、そのために一番大切なのは「ターゲット方向へ正確に打ち出すことです」という。

「ショートパットで大切なのは打ち出し方向がしっかりとターゲットを向いていること。そのためには、フェース面をターゲット方向に正しく向けた状態で打ちましょう。パットの場合打ち出し方向はフェースの向きが一番大きな要素になるので単純ですが、一番大事なことです」(中村、以下同) 打ち出し方向をイメージしやすくなる方法として中村がオススメするのは、ボールのロゴを利用する、あるいはボールに黒ペンなどで直線を描くなどして、その線をターゲット方向へ向けることだ。 「ロゴや黒線などで打ち出す方向を明確にしたら、あとはフェース面がその線に対して垂直になるようにパターをセットするだけ。そうすれば、フェース面をしっかりターゲット方向へ向けて構えられるはずです。最近はターゲットに合わせやすいように線がプリントされたボールも発売されているので方向性が定まらない人は試してみる価値があります」 そんなの当たり前、と思うかもしれないが、コースではこの「当たり前」がついおろそかになってしまいがち。ボールの線はターゲットに真っすぐ合わせ、パターのフェース面はその線と垂直に交わるようにする。これが肝心だ。 基本的にはカップの中心をターゲットとしてボールをセットすれば良いが、傾斜がある場合はその度合いに合わせてターゲット方向を右、あるいは左へズラす必要がある。この調整は「ある程度の経験が必要になります」と中村。 「コースや季節によってグリーンの芝の種類やコンディションは異なりますし、各ホールで傾斜の度合いも変わってきますから、この傾斜なら何ミリ右、あるいは左にズラすという具体的なアドバイスは難しいです。身も蓋もない話ですが、こればかりは場数を踏んで肌感覚でつかむほかありませんね」 ただ、ショートパットでは神経質になりすぎてもよくない。基本的にはカップの中心を真っすぐ狙っていこう。

【関連記事】