Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「このままでは勉強が続けられない」3人の学生が語ったこと。困窮学生への緊急給付金のあり方とは

配信

BuzzFeed Japan

新型コロナウイルスの影響受け、困窮している学生に対し、最大20万円が支給される「学生支援緊急給付金」の応募の要件に関し、批判が起こっています。 要件で、特定の奨学金の受給者であることや、留学生用には成績基準が設置されているからです。 留学生用の成績要件に関して反対の声をあげるオンライン署名には、5万筆を超える署名が寄せられました。 署名発起人は5月29日、文部科学省に対し署名を提出し、外国人支援団体など5団体と学生たちが、文科省に成績要件など要件の変更を求めました。【 BuzzFeed Japan / 冨田すみれ子 】

今回、会見を開いた5団体は5月25日、共同で声明を発表しました。その声明や今回開かれた会見で、文科省に改定を求めるのは以下の3点です。 1:困窮している全ての学生を対象とすべきで、第一種(無利子)奨学金等を貸与されているか、貸与を受ける予定の学生に限るなどと、奨学金と紐付ける要件は撤回してください。 2:留学生に対する成績要件を外してください。 3:対象校に朝鮮大学校なども入れてください。 会見では、それぞれ上記の点が理由で、緊急給付金の対象にならず応募できない学生ら3人が意見を述べました。3人の声を紹介します。

「私のように奨学金を受けずに、学費を払っている学生は」「次回の学費支払い、困難」

桜美林大学3年の星玖藤原 愛紗(シェイクフジハラ アイシャ)さんは、卒業後の返済の負担を避けるために、奨学金を利用せず、母親と協力して学費を払っています。 今回の学生支援緊急給付金の要件には、第一種(無利子)奨学金等の貸与、または貸与予定であることなどが含まれているため、星玖藤原さんは対象にならないと話します。 「母子家庭で、私はカラオケでバイトをして学費を稼いでいます。しかしカラオケもコロナの影響で休業状態。4月から無収入です。このままでは次回の学費を払うことは困難です」 「周りに同じような状況に置かれている人が多い」と話す星玖藤原さんは、「私のように奨学金に頼らず、学費を払っている学生のことも考慮して」と訴えかけました。 星玖藤原さんはBuzzFeed Newsに対し、次回の学費振込や生活費のために新しいバイトを見つけようと思うも、コロナへの感染が怖いとも話しました。 星玖藤原さんはペルー人の母とパキスタン人の父を持つ日本生まれ日本育ちです。返済が不要な給付型の奨学金を見つけても「国籍が日本でないために、条件に当てはまらないことも」とも語りました。

【関連記事】