Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“浪速のロッキー2世”赤井沙希が涙のKO-D6人タッグ王座奪取…7・3新宿で里村明衣子戦へ弾み

配信

スポーツ報知

 “浪速のロッキー”こと、赤井英和の娘・赤井沙希が樋口和貞、坂口征夫と結成するユニット「イラプション」で、KO-D6人タッグ王座に初めて戴冠。涙の赤井は、7月3日の東京・新宿FACE大会のメインイベントで行なわれる、里村明衣子(センダイガールズ)との“おきばりやす”七番勝負最終戦での勝利を誓った。  20日の新宿大会のメインでは、ダムハーツ(ダムネーションとストロングハーツの業務提携軍)の遠藤哲哉、T-Hawk、エル・リンダマンが保持するKO-D6人タッグ王座に「イラプション」の3人が挑戦した。  常識的には、一人だけ女子が入っていることで不利は否めなかったが、赤井は得意のキックなどで果敢に攻め立てた。ダムハーツの厳しい反撃にもあったが、耐え忍び、15分過ぎ、リンダマンにフライング・ボディアタック、フェースバスター、顔面蹴りとたたみかけた。樋口が強烈なラリアットをリンダマンに叩き込むと、赤井がケツァル・コアトルでダメージを与え、最後は樋口の強烈な轟天で3カウントが入り、「イラプション」が王座を奪取した。  試合後、今林久弥アシスタントプロデューサーがリングに上がり、初防衛戦は7月23日の東京・後楽園ホール大会で行なうこと(挑戦者は未定)と、同3日の新宿大会で、“女子プロ界の横綱”里村を相手に、赤井の七番勝負最終戦が組まれることをアナウンスした。  赤井は涙ながらに「正直、痛かったけど、痛くなかった。もうちょっと勝った余韻に浸りたかったんですけど、七番勝負最後の相手が里村さんということで、私がこの団体のベルトを狙っていいと思わせてくれた選手です。最終戦、誰が来ても勝ちます! 皆さん、見届けてください」と締め、里村戦での勝利を宣言した。  バックステージで、赤井は「(相手に)なめられてると思ったから、しつこくいった。女子なんで、KO-DもEXTREMEも見てる側だった。でも里村さんがKO-D(無差別級)を獲って、『女子でも獲っていいんだ』って、消してた可能性を感じた。性別は関係ない。私が獲ったことで、男でも女でも獲りにきてほしい」とコメント。

報知新聞社

【関連記事】