Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

豚とエビのW使いでうま味たっぷりシューマイ。名門ホテルのレシピ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

旅行ジャーナリスト小野アムスデン道子さんが世界中・日本中を巡って出合った「名店の味」をレポート。 今回ご紹介するのは、ラグジュアリーな空間がすてきな恵比寿の「ウェスティンホテル東京」で、子どもも参加できる料理教室に登場したシューマイです。 具が卵だけでも!チャーハンを科学的に正しくつくると絶品になります

ウェスティンホテル東京で教わった広東シューマイのレシピ

「ウェスティンホテル東京」の広東料理「龍天門」といえば、ミシュラン一つ星にも輝いたことのある名店。 目の前で切り分けてくれる北京ダックなどゴージャスなお料理から、名物の担々麺や点心といった気軽にいただける一品まで、どれも「これぞ広東料理の神髄」とうなるおいしさ。

そんなラグジュアリーなレストランですが、毎年、夏休み期間には「ウェスティンホテル東京」の5つのレストランが「サマーファミリープラン」という体験つきプランを実施していて、ここ「龍天門」でも家族みんなで「包(パオ)」というレッスンを実施。

子どもたちも挑戦したというシューマイのレシピを、龍天門総料理長の和栗邦彦シェフに教わりました。 豚内モモ肉に調味料を入れて練り、むきエビを加えて混ぜ、さらに甘味のある豚の背脂を入れることで、うま味が増すそう。「背脂が手に入らないときは、ラードで代用するか、豚モモ肉と豚バラ肉を使って」とアドバイスいただきました。 本格的な点心師のシューマイにはかなわないかもしれませんが、子どもにとって、自分でつくったシューマイは格別です。ぜひ家で挑戦してみてください。

●広東シューマイ 【材料(約30個分)】 ・むきエビ(1尾を3等分位にカット) 450g ・豚内モモ肉(1cmの角切り) 300g ・豚の背脂(みじん切り) 75g ・シイタケ(みじん切り) 75g ・ゴマ油 適量 ・市販のシューマイの皮 30枚 ・調味料A[塩10g 片栗粉12g] ・調味料B[チキンコンソメ10g 砂糖28g ゴマ少々 ゴマ油少々] ※背脂が手に入らない場合は、ラードでも代用可。あるいは、モモ肉300g、背脂75gのところを、豚モモ肉250g、豚バラ肉125gでつくるのも可 【つくり方】 (1) ボウルに豚内モモ肉と調味料Aを入れ、よく混ぜ合わせ粘りを出す。 (2) (1)にむきエビを入れてさらに混ぜ、調味料Bを入れる。 (3) 仕上げに豚の背脂、シイタケ、ゴマ油を入れ、シューマイのあんが完成。 (4) 手のひらにシューマイの皮を広げ、その上に約30gのあんをのせる。軽く握りこみながら、さらに少し盛り上がるぐらいまであんをつめる。 (5) セイロで約7分蒸したら完成。 <取材協力/ウェスティンホテル東京 取材・文/小野アムスデン道子>

【関連記事】