Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アイメイク、気合がカラ回りしてない?目の大きさより大事なのは…/さよならブスメイク

配信

女子SPA!

 アイライナーをしっかり引いて涙袋のメイクもばっちり! なのに何かが違う…。そのような経験がある方も多いのではないでしょうか。 ⇒【写真】STEP1 色で奥行きをつくる 「自分の顔のバランス」「自分の肌の色味」「自分の肌質」を無視してメイクをすると、コンプレックスを目立たせてしまったり違和感のある顔になってしまいます。  これを「ブスメイク」と呼ぶのは、イラストレーターのすれみさんです。  そんな自己流のブスメイクから試行錯誤を重ねて卒業したすれみさんが、自分にあったメイクのプロセスをTwitterにアップしたところ、18万以上いいねされバズりました。  そのメイク術をもとにした書籍が『さよならブスメイク 自己流メイク卒業マニュアル』(著:すれみ、監修:TOMOMI/サンクチュアリ出版)です。  今回は書籍の中から「アイメイクの基本」をご紹介します(以下、文とマンガはすれみさん)。

「大きさ」よりも「立体感」で華やかな目をつくる

●アイメイクの基本  立体感のある目は、「アイシャドウ→アイライン→ビューラー→マスカラ」の順番でかんたんにつくることができます。

STEP1 色で奥行きをつくる

アイテム:ブラウン系の4色アイシャドウ ①一番明るい色をのせる アイホールと下まぶた全体にのせる。 (指、付属のチップ、ブラシどれでもOK。) 一重さんは少しオーバーめに。 ②一番濃い色をのせる 目のきわと下まぶたの外側にのせる。 (ここは指ではなく、チップか硬めのブラシで) ③中間色をのせる 中間色を①②の間にのせる。下まぶたにも薄めに入れる。 (指、チップ、ブラシどれでもOK。) →この順番だと、ぼかすのが簡単! ④一番明るい色で仕上げ ①の色を指に取り、目をつぶった時に一番高い位置と下まぶたの真ん中に軽くのせると、立体感が出る。

STEP2 目の輪郭をくっきりさせる

アイテム:アイライナー(ペンシルorリキッド) ①姿勢はこう! 両ひじと、ペンを持つ手を固定してまぶたをやさしく引っ張る。 ②目のきわを埋める まぶたを引っ張ったまま、目のきわにそって線を入れる。 一気に描こうとせず、少しずつ線を伸ばしていくイメージ。目じりは1~2ミリ長めに入れる。 →一重さんや奥二重さんはかなり細めに! ③まつ毛の間を埋める 点をつなげるように、まつ毛の間をちょんちょんと埋めていく。 →まつ毛の間を埋めると埋めないとでは大違い! ④ぼかす(しっかり仕上げたい時) アイシャドウの濃い色を目尻側に軽くのせてぼかすとさらにアイラインが自然になじむ。これは好みなので、ぼかさなくてもOK。 →ただし一重さんは必ずやるべし

【関連記事】