Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テレワークで危惧する点、年配世代は「仲間意識」Z世代は「ビジョンの共有」【リスキーブランド調べ】

配信

Web担当者Forum

リスキーブランドは、「ビジネスマンのテレワークの実施状況と意識」についての調査結果を発表した。調査時期は2020年5月1日~8日で、企業に勤務する役員・正社員・契約社員1,696人から回答を得ている。なお同調査では、各世代を以下のように定義している。

・25歳以下:Z世代 ・26~40歳:ミレニアル世代 ・41~49歳:団塊ジュニア世代 ・50歳以上:バブル世代  

テレワークがもたらす新しい価値、若い世代が期待

それによると、新型コロナウイルス対策の主要期間であった4月~5月上旬にテレワークを行っていたビジネスマンは、「基本的に毎日」22.1%、「週3~4日」15.3%で、あわせて37.4%(635人)が週3回以上テレワークを実施していた(2019年の同種調査では4.8%)。企業規模では、大企業ほどテレワークの実施が多く、「50人未満の企業」の実施率が14.0%だったのに対し、「3,000人以上の企業」は30.1%と2倍以上だった。業種による差異も大きく、「IT系企業」42.8%に対し「医療・福祉」7.3%、「運輸・物流」5.2%だった。 続いて世代別に「テレワークそのものについての意識」を探るべく、「時間・物理的な面で期待すること」「多様性や創造性で期待すること」「仲間意識やビジョン共有への危惧」「その他の危惧」について聞いた。

まず時間・物理的期待は、全世代のビジネスの半数以上が支持。「育児や介護との両立ができるようになる」と考える意識は、年代とともに高まりバブル世代では73.7%にも達している。「通勤時間がなくなるから、仕事の生産性が高まる」は、働き盛りのミレニアル世代(64.9%)の支持がもっとも高かった。

多様性や創造性への期待では、若い世代ほど数値が高い。「組織として自由闊達な風土が高まる」はZ世代で64.5%、ミレニアル世代で63.9%だが、バブル世代は47.6%と減少する。「働く人の創造性/クリエイティビティが高まる」はZ世代で53.3%だが、それ以外の世代は低く、団塊ジュニア世代は36.6%に留まった。「会社に、多様な人材が集まるようになる」も若い世代のほうが高めだが、全世代で過半数が期待している。