Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

天空に続くどこでもドア? 奈良の会社による粋な計らい

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Lmaga.jp

田園風景のなかに佇む会社の屋上に・・・ピンクのドアが出現!? 3日、「奈良にあるドア製造会社の粋な計らい。天空のどこでもドア。」(@Hisa0808さん)と投稿された写真がツイッターで話題に。 【写真】ドアのアップ 見た目はドラえもんにでてくる「どこでもドア」にそっくりだが・・・これはなんだろう? と、リサーチしたところ、奈良で60年以上サッシドアの製造をおこなう会社「斑鳩」(奈良県生駒郡)だということが発覚。代表取締役社長の寺西宏之さんに、このドアの狙いについてうかがいました。 ──突然すいません! 屋上のドアについてお聞きしたくご連絡しました。 え、なんでうちの屋上について知っているんですか? ──ツイッターで拝見しまして・・・。ご存じなかったですか? そうなんですか! 話題になっていることは知らなかったです(笑)。確かに、今年7月に設置してからよくお褒めのお電話をいただいているんです。でも、ネット上で話題になっていることに驚きです。 ──まさか反響に気づいておられなかったとは、私も驚きです! このドアはなぜ取り付けられたのですか? うちは、ドアの製造会社なのですが、新型コロナウイルスが続いて暗いニュースが続くなか、少しでも明るい気持ちになってもらえたら良いなと、遊び心で作って取り付けました。また、この取り組みを通して私たちの会社のことも、知ってもらえたらと思っています。 ──おお!まさに、狙い通りになっているのではないでしょうか。 実は私たちはいろんな商業施設のドアを作っていまして、でもなかなか消費者の方々とは接点がないですからね。こうして知っていただけて嬉しいです。 ──ちなみに、ドアに名称はあるのでしょうか? 「なんでもドア」と呼んでいます。ドラえもんに出てくるのはどこでも行ける「どこでもドア」ですが、私たちはこのコロナ禍で弊社の技術を生かしてフェイスシールドやパーテーションの制作もおこないました。「私たちはなんでも作れる!」という想いを込めています。 ──「なんでもドア」!! 素敵なネーミングですね! 日に日にこうしてご連絡いただけて、うれしい限りです。ちなみにJR大和路線「法隆寺駅」から奈良方面に向かう電車の車窓からも、見ることができますよ。ぜひ、通りがかったら見て楽しんでくださいね。 ◇ 新型コロナウイルスをうけ、新製品開発だけでなく、通り掛かる人も元気づける取り組みにチャレンジする「斑鳩」さん。希望あふれるドアの先に、良い未来が待っていることを願います。 取材・文/小田切萌

【関連記事】