Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Zens Libertyワイヤレス充電器レビュー:AirPowerにいちばん近いワイヤレス充電器

配信

ギズモード・ジャパン

えあぱわぁ? AirPower。あれ? もう出たんだっけ? なんだっけ? と言いたくなるアイテム。かなり早い段階で告知だけはされたものの、いっこうに世に出る気配がなく、なんかそれに触れるのはタブーなのかもと思えるApple(アップル)の迷宮入り謎アイテム。 【全画像をみる】Zens Libertyワイヤレス充電器レビュー:AirPowerにいちばん近いワイヤレス充電器 未来にワイヤレス充電があるのは間違いないんです。ただ、Appleのその道は思ったより曲がりくねってウネウネしてるようですけれど。Apple公式が待てないという人に、今一番AirPowerに近いアイテムを米Gizmodo編集部がレビューしてきました。ZensのLibertyワイヤレス充電器です。 Appleが2017年にAirPowerを発表したとき、ひとつの充電パッドで3つの端末が充電できると聞いて、夢みたい! と思いました。結果、夢でした。AppleがAirPowerをしれーっとなかったことにしている中、Zenzが夢を現実にしました。あのときAppleが語った夢仕様はほぼそのまま、同じくApple的強気な価格で現実になったのが、Libertyワイヤレス充電器です。 Zens Libertyワイヤレス充電器 これは何?:16のコイルが重なり合わせることで、無造作に置いても端末2台を同時に充電できるワイヤレス充電器。 価格:ファブリック版が150ユーロ(約1万7600円)、中が見えるガラス版が200ユーロ(約2万3500円)。 いいところ:芸術的な外観かつワイヤレス充電の使い勝手が格段にアップ。 残念なところ:Apple Watchの充電にはケーブル(または追加周辺アクセサリ)が必要。冷却ファンがあるので、端末充電してるときちょっとうるさい。

Apple Watchの充電をあきらめるという潔さ

熱だバッテリーだハードウェアデザインだと噂はあれこれあるものの、AirPowerが世に出ない本当の理由はわかりません。Apple Watch、iPhone、AirPodsすべてを充電するのは非常に複雑な問題なのでしょう。特にApple Watchの特殊Qi仕様のせいで…。そこで、Libertyワイヤレス充電器はApple Watchのワイヤレス充電には非対応という潔さで勝負に出ました。Qi規格で一度にワイヤレス充電できるのは2機種まで。ゆえに、真っ向からAirPowerの代替品とは言い難いですね。それでも、現状AirPowerに一番近い商品です。 Zens Libertyワイヤレス充電器には、今のところ2モデル。ひとつは布モデル、そしてもうひとつは価格の高いガラストップモデル。値段は上がりますが、オススメしたいのは後者のガラスモデル。これ、中身が透けて見えるという素晴らしいデザインで、まさに技術と芸術の融合作品。複数端末を無造作において充電できるのがLibertyの魅力なのですが、それを可能にしているのが中に重なり合って詰め込まれた16個のワイヤーコイル。仕様というには美しすぎる見た目です。充電器と言われなかったら、額に入ったアートに見えますもの。

【関連記事】