Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

かつては「胸キュン」の定番! 今やると女性から「ドン引き」必至の運転テクニックとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

かつて女子を沸かせたテクニックもいまやただの「危ない人」!?

 時代は高度成長期、バブル真っ只中の80年代。六本木では万札を束にしてタクシーを奪い合い、メルセデスやBMWが「六本木のカローラ」なんて言われるくらいウジャウジャと走っていたものでした。現在50代の皆さんが、遊び盛りの20代を謳歌していた頃のことです。 【写真】にわか確定!本当のクルマ好きはやらない無意味行為6つ  当時の女性たちからすると、「クルマ持ってない男なんて論外」だったそうで、電車ならたった10分そこそこの渋谷から六本木を、わざわざ大渋滞にハマりながら2時間かけてでもクルマで行く。これがステイタスだったのでした。そんな時代だから、女性たちが運転する男性の姿にときめくのも必至。その代表的な運転テクニックが、通称「モテバック」ですね。車庫入れなどでバックをする際に、助手席の背もたれに手を回し、後ろを振り向きながらバックをすると、まるで女性は自分が抱かれているような気分になってキュンキュンする、というものです。  でも今となっては、バックモニターなどが普及したおかげですっかり「モテバック」はすたれ、そんなことをしてバックするヤツは運転が下手だ、くらいのひどい言われよう。未だにやっている人はどうぞご注意くださいね。そしてじつはほかにも、80年代トレンディドラマでも見かける、当時の女性たちはときめいた運転テクニックなのに、今じゃドン引きされるだけ、というものがありますので、ご紹介したいと思います。  まず、モテバックと同様に昔は「カッコいい!」「運転がうまい!」と目がハートになる女性が多かった、ドア開けバック。これは、車内で後ろを振り向く代わりに運転席のドアを開けて、顔を出して後ろを振り向きながら、駐車場などの白線を確認してバックする運転テクニックです。これはとくに、女性との待ち合わせ場所で車庫入れや縦列駐車をする場合などに、外から見ている女性をキュンとさせるためのものでした。が、今こんなことをやったらただの「危ない人」。  バックモニターがあれば液晶画面でいくらでも白線なんか確認できるし、むしろ死角もなくなるから安全。ドアを開けた方しか見てないってことなので、もし助手席側に歩行者などがいたら危ないですよね。サイドミラーとバックモニターを上手に使って、安全にスムースにバックできる人に女性はときめくはずです。

【関連記事】