Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

裕子流、今が買いドキ「青春18きっぷ」の賢い利用法 【女子鉄ひとりたび】2番線

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

元祖鉄道アイドル、今は「鉄旅タレント」として鉄道をアツく語る、木村裕子が日本各地の魅力的な路線を紹介する“女子鉄ひとりたび”。今回はこれからのレジャーシーズン、乗り鉄に必携の「青春18きっぷ」の賢い利用法を紹介!(『女子鉄ひとりたび』著 木村裕子 より) 裕子流、今が買いドキ「青春18きっぷ」の賢い利用法 【女子鉄ひとりたび】2番線 ■青春18きっぷは最強の乗り鉄きっぷ  本格的に乗り鉄を始めて約15年。これまでたくさんのお得きっぷを活用してきたが、全線完乗のときに一番使い倒したのは「青春18きっぷ」(以下「18きっぷ」)だ。  この乗車券は、春・夏・冬の年3回発売されるが、JR全線の普通列車や快速列車が1日乗り放題となり、1枚につき5日分(5回分)使用できる。販売価格は12,050円(2020年夏の価格)なので、1日あたり2410円で北海道から九州までのJR全線が乗り降り自由となるのだ。新幹線や特急には乗車できないなど制約もあるが、うまく使えばこれほど強い味方はない。  参考までに、いま青春時代を送っている人じゃなくても、18歳を超えている人でも使うことができる。  私はこのきっぷを、JR各社によるファンサービスだと思っていて、これ1枚でどこでも行けることから〝魔法のきっぷ〞と呼んでいる。5日(回)分もあるので、うまく使いきれるよう計画を立てる必要がある。  ときには最後の1回分を使いきれずに無駄にしてしまうこともあり、そんなときはなんとも言えない喪失感と物悲しさに襲われる。ラスト1回分を往復300円ほどで終わることもあった。もちろんトータルでは余裕で得しているはずなのに、自分でも不思議なメンタリティだ。  ところで「18きっぷ」には「赤券」というスペシャルなきっぷがあったことをご存じでしょうか。今や自動券売機でも買うことができる「18きっぷ」だが、かつては駅のきっぷ売り場でしか買えない「赤い18きっぷ」があったのだ。(実はピンク)赤は私の衣装のカラーだし、乗り鉄を標榜するなら、ぜひ持っていたかったアイテムである。  この18きっぷは1日乗り放題なので、始発からフル活用すると、1日で東京から九州まで行けてしまう。その場合、朝から晩までひたすら乗り続ける修行のような旅になるので、いくら鉄道が好きでも、車内で飽きてしまうことはある。私はそんなとき、長年の旅暮らしで編み出した「いくつかの退屈しのぎ」で遊んでいるのでご紹介したい。

【関連記事】