Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

元関脇・栃煌山が引退『自分らしい相撲が取り切れた』稀勢の里、豪栄道らと「花のロクイチ組」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

年寄「清見潟」を襲名

 元関脇で西十両2枚目の栃煌山(33)=春日野、本名・影山雄一郎=が15日、現役引退し年寄「清見潟」を襲名すると発表した。  師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)とオンライン会見に臨んだ栃煌山は、「次に十両に落ちたときは区切りをつけようと思っていた」と語った。高知・明徳義塾高卒業後の2005年初場所に入門。稀勢の里、豪栄道らと同学年の「花のロクイチ組」として活躍し関脇まで昇進。大関には届かなかったが「前に出るのが自分の相撲。逃げずに苦しいときも自分の相撲を取ろうと思っていた。自分らしい相撲が取り切れたと思う。思い切ってやってきたことが一番の思い出です」とすがすがしく話した。  12年には優勝は逃したものの、史上初の平幕優勝決定戦に臨んだ。そんな中で思い出の一番にあげたのは昨年初場所3日目の稀勢の里戦。「稀勢の里関と最後に取った一番です」。その取組を最後に引退した稀勢の里から金星を獲得した。  今後は親方として後進の指導にあたるが、若い力士へ「相撲に対してまじめで、我慢強く、粘り強い力士に育ってほしい」と自分と重ね合わせるようなメッセージを送った。

【関連記事】