Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ不況でも転職強者になれる「汎用スキル」とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

新型コロナウイルスの感染拡大による影響が出始めて、すでに数カ月が経過した。 コロナショックの影響で一度は凍結されていた採用活動も再開し始めているが、いまだに感染拡大に目処が立たない状況から、本格的な求人の回復には至っていない。採用活動の凍結以外にもコロナショックによる変化は生じている。 【全画像をみる】コロナ不況でも転職強者になれる「汎用スキル」とは? コロナショックによって、ここ数年「売り手市場」が続いた転職市場は一変、完全に「買い手市場」と化した。 大手転職支援サービスdodaが毎月更新している求人倍率を見ると、求人倍率(求職者1人に対して求人がいくつあるかという指標)は、だいたいコロナショック前の半分くらいの水準に落ち込んでいる。 筆者は主に20代を中心とした若手人材の転職支援を行っているが、現場で日々働いていると、転職格差が広がっていることをひしひしと感じる。不景気となったことで、採用企業側としては即戦力を求める傾向が強くなっており、特に若手人材は、実務経験が不足していると転職に苦戦する状況となっている。 実際、転職のハードル自体が上がっており、職歴1年未満だと(転職を成就させるのは)かなり厳しい。 そんな中でも転職に強い業界や職種というものはある。例えば、「IT業界」「コンサルティング業界」「総合商社」といった業界は転職市場でも比較的強そうに見える。これは「業界」というよりも「職種」に起因している。 というのも、これらの業界でも「事務職」はそこまで転職に強いとは言えず、強いのは「営業職」や「エンジニア職」。専門性や実績を客観的に評価しやすく、企業にとっても採用ニーズがある職種だ。 つまり、転職に強い「業界」というものは実はなく、転職に強い「職種」があるというのが実態だと言える。 もちろん「不況にも強い」「ニーズの安定した」業界というのも存在するが、それは個人としての転職しやすさとは関係がない。

転職強者に大事な「汎用スキル」

結局は転職のしやすさ(転職市場でのニーズの高さ)を決めるのは、「どのような仕事ができるのか?(経験があるのか?)」で決まる。企業は、転職希望者が仕事を通じて身につけたスキルを、実務経験に関するエピソードから評価し、採用合否を決める。 つまり、転職強者になるためには「企業にほしがられるスキル」を、仕事を通じて身につけることが重要となる。 こんな話をすると、読者や転職希望者は、何かすごい実績や、特殊な能力(データアナリティクスなどの専門知識)がないと転職は難しいと考えてしまいがちだ。 もちろん、誰が聞いても魅力的に感じる実績やニーズの高い専門性を持っていれば転職には強い。 しかし、企業は必ずしもそのような実績や専門性ばかりを求めているわけではなく、特に20代若手に対しては、どのポジションでも柔軟に対応できる「汎用スキル」を求めることも少なくない。 汎用スキルとは、どんなポジションにおいても成果への連動性があり、「汎用的に使えるスキル」のこと。 例えば、「コミュニケーションスキル」や「ITツール使用スキル」などがそれだ。そのような汎用スキルを持ち合わせていることを企業にアピールできる実績(エピソード)があれば、比較的どの企業からも採用されやすくなる。

【関連記事】