Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

競泳・瀬戸大也はラブホ不倫を認める…美人妻・優佳さんが語っていた夫への献身もすべて裏切る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 2016年リオ五輪の銅メダリスト、競泳の瀬戸大也(26・ANA)に“不倫疑惑”が噴き出していた一件。「デイリー新潮」が9月23日、〈白昼不倫 ホテルでの事後、娘2人のお迎えへ…〉と報じたことに対し瀬戸は不倫を認め、24日未明に自身が所属するマネジメント事務所のホームページ上で謝罪コメントを発表した。 【写真】タキシード&ドレス姿の瀬戸大也選手と優佳さん  瀬戸は17年に元飛び込み日本代表の馬淵優佳さん(25)と結婚。翌18年に長女が、今年3月には次女が生まれたばかり。  ところがデイリー新潮によると、9月14日午後、クルマで自宅を出た瀬戸は、途中で優佳さん以外の女性を助手席に乗せ、「休憩4600円」のラブホテルへ……。1時間半ほどの“休憩”後、瀬戸はいったん自宅に帰り、長女と次女を保育園まで迎えに行ったという。  とんでもない“裏切り”だが、それでなくても妻・優佳さんの瀬戸に対する献身ぶりは広く知られていた。  優佳さんは結婚を機にアスリートフードマイスター3級を取得。日刊ゲンダイ(2020年1月6日付)でも、2019年7月の世界水泳にはみりんや醤油を持参、炊飯器や米は現地調達し、夫である瀬戸の胃袋を支えるなど、その献身ぶりをうかがわせるエピソードを語っていた。  好き嫌いはないという瀬戸だが、食事を残すと優佳さんはその理由を“事情聴取”。 「きんぴらごぼうは地味な料理だからなのか、よく残っています(笑い)。そういうときは豚汁にして、にんじんとごぼうを食べてもらうようにする」そうだ。  また「(瀬戸は)結構、勢いでいっちゃうタイプ。自分はまず考えて理論的に答えを出して行動するタイプなので真逆です。私が『ちょっと待って。こういうリスクがあるから』とアドバイスして、本人も一度立ち止まって考えたり。私は逆に考えすぎちゃうので、話すと『考えすぎだよ。まず、やってみな』と言ってくれる」とも。  もちろんラブホ不倫は、「勢いでいっちゃった」では許されない。

【関連記事】