Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

戦争経験した先代らを思えば…1ヵ月ぶりに店内飲食再開の老舗焼きそば店 「厳しい」けど“前向く”

配信

東海テレビ

90年続く老舗焼きそば店の店主は厳しい再スタートでも希望は持っていた

 緊急事態宣言が解除されて、初めての週末を迎えた岐阜県。ただ、観光の目玉、長良川鵜飼の開幕も延期されたままで、賑わいは戻っていません。 イオンモール等も再開 伊勢には仙台,大阪,滋賀…“県外ナンバー”の車 係員「県外結構来てます」  16日午前8時半ごろの東海北陸道。県をまたぐ移動は控えるよう呼びかけが続く中、愛知から岐阜方面に向かう道はかなり空いていました。

 雨模様だった16日は、JR岐阜駅前もほとんど人通りがなく、静まり返っていました。  柳ヶ瀬商店街では、岐阜タカシマヤがはおよそ1カ月ぶりに全面的に営業を再開。

女性の買い物客: 「百貨店しか売ってないモノってあるでしょ。目的のモノだけをババッと買って、サッと帰ろうかなと」 夫婦の買い物客: 「早く(店を)出ようとはする。必要以外のところには行かない」  柳ケ瀬商店街は、この週末から営業を再開した店が多いものの…。

商店街に来た人: 「ちょっと前に比べたら増えたかなとは思いますね。一時期、本当に閑散と、シャッター街みたいになっちゃっていたので」 別の人: 「散策に散歩がてら来ました。あまり軽い気持ちでは、今(店に)入れなくなってしまいましたね」  様子をうかがいながらの外出。そんな中、柳ケ瀬商店街の一角で90年以上続く老舗「焼きそばマサムラ」も、1か月ぶりにこの週末から店での飲食を再開しました。しかし…。

焼きそばマサムラの店主: 「まだまだホントに(客は)数組もないくらいだと思います。すごく厳しいと思っています」  お昼時も、お客さんはまばらです。それでも…。

焼きそばマサムラの店主: 「やっと商売ができるかなと、それだけですね。でも先代や先々代は、太平洋戦争も経験して空襲も経験しているわけですから、それを思えばね」  ご主人は、前を見つめて1か月ぶりの仕事にのぞみます。  5月11日に始まる予定だった、岐阜の風物詩、長良川鵜飼。

 ”鵜飼の漁”は、22日に始まることが決まりましたが、観光客が乗る船の運航開始は未定です。

【関連記事】