Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

通算最高本塁打率は誰?/日本人メジャー何でもランキング

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

海を渡って長打力が上昇

・日本人メジャー通算最高本塁打率 【通算本塁打率BEST5】 ※500打数以上 1 大谷翔平 17.75 2 松井秀喜 25.38 3 城島健司 33.52 4 井口資仁 41.84 5 新庄剛志 43.80 「何打数に1本打ったか」という本塁打率のランキング。ここでは打数が多くて本塁打の少ないイチローの名前はない。二刀流でメジャー3年目を迎える大谷翔平が見事トップに立った。メジャー経験はまだ2年間だが、本塁打数は22、18と合計40本。最初の2年間で40本以上打ったのも、シーズン本塁打20本以上も、松井秀喜以来2人目。渡米1年目に限ると20本以上放った日本人メジャーは大谷が史上初だ。日本ハム時代は1035打数で48本塁打。本塁打率は21.56だったので、メジャー移籍後に長打力が上がっている計算になる。将来的には、日本人メジャーの通算本塁打数更新、日本人初の年間40本台、日本人初の本塁打王なども期待できるだろうか。 写真=Getty Images

週刊ベースボール

【関連記事】