Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NBA史上最長の22年間をコート上で戦い抜いたビンス・カーターが正式に現役引退を表明

配信

バスケットボールキング

「ラストショットを決めることができたんだから、私は幸せさ」

 6月25日。NBA史上最長となる22シーズン目をプレーしたビンス・カーター(アトランタ・ホークス)が『The Ringer』のポッドキャスト番組「Winging It With Vince Carter」へ出演し、現役から引退することを発表した。 ジョーダンは2位、コービーは3位。NBA史上、最もブザービーターに絡んだ選手は誰だ? 「正式にプロバスケットボールキャリアを終えたんだ」と切り出したカーターは、新型コロナウイルスの感染拡大を防止すべく、NBAが3月12日(現地時間11日、日付は以下同)にレギュラーシーズンを中断することを発表した直後、ニューヨーク・ニックス戦の延長残り13.4秒に3ポイントを沈めたことが決断を促進したと明かしている。 「ラストショットを決めたことが、状況を助けてくれたんだ。もしあのショットが決まっていなければ、少し違う状況になっていたかもしれない。何か心に引っかかるものがあっただろうね。あと1分コートに戻って、1本のショットを……それがフリースローであろうとレイアップだろうと気にしないけどね。選手としてラストゲームをプレーする場合、そのことを知っていようといまいと、『よし、キャリアの中でラストショットを決めてやるぜ』って言いたいものさ。そして私はそういうことができたんだから幸せさ」。  今季終了後に引退することを表明していたカーターだったが、シーズン中断期間に自身の去就について公の場で話すことはなかった。今回引退することを明かすまでの過程について、カーターはこう話す。 「3月11日以来、(引退することは分かってたけど)私は口を閉ざしていた。この日まで話すことはなかったけど、もう引退へと傾いていたんだ。3月の終わりからというもの、僕のバスケットボールキャリアは終わったんだと感じていた」。  新型コロナウイルスによって前代未聞のシーズン中断という事態となったものの、カーターは「がっかりしたことがあるとすれば、シーズンがこのような形になってしまったことかな。でもそれを脇に追いやって、対処するのは簡単だった。自分のキャリアよりも大きなことだったから」とカーターは言う。

【関連記事】