Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

木村拓哉、SixTONES・ジェシーとのLINEのやり取りを語る「デビュー“おめでとう”も兼ねて1度食事に行かないと」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。8月30日(日)の放送では、リスナーから寄せられたメッセージに答えました。

◆木村「ジェシー、もうちょっと待っててね!」

<リスナーからのメッセージ> 「私は、SixTONES(ストーンズ)のファンです。先日、A.B.C-Zの河合郁人さんが出演されていた回にSixTONESの名前が出ていると知り、聴かせていただきました! 大先輩の木村さんのラジオにSixTONESの名前が出てきて、とてもうれしかったです。ただ、SixTONESの名前が“シックスストーンズ”から“ストーンズ”になった経緯が、本人たちからジャニー(喜多川)さんに直訴したわけではなく、ジャニーさんが『“シックスストーンズ”だとファンから省略されちゃうのが嫌だから“ストーンズ”にしよう』と次の日に変わりました。SixTONESも、ぜひ今度(番組に)呼んでいただけたらうれしいです!」(21歳 女性) 木村によると、SixTONESのグループ名の由来についてトークした件について、SixTONESのファンの方々からたくさんのメッセージが届いたそうで、「ありがとうございます」と感謝の言葉を告げます。 この女性リスナーの言う通り、SixTONESのメンバーがグループ名の読みを“ストーンズ”にしたいとジャニー喜多川さんに直談判したのではなく、ジャニー喜多川さん自らが“ストーンズ”と命名したと、木村は訂正。後日、河合さんから木村のもとに連絡があったそうで、「河合からも僕にLINEがありまして。『あのときラジオで、(SixTONESの)メンバーがジャニーさんに直談判したって言ったんですけど、あれ、違っていたみたいで、すみません』ってLINEが届きました。ちゃんと、ていねいに」とあらためて報告。 続いて木村は、高地優吾さん、京本大我さん、田中樹さん、松村北斗さん、森本慎太郎さん、ジェシーさんの6人からなるSixTONESのメンバーの名前を一人ひとり挙げながら、2015年にグループが結成されたことを紹介。 木村は、今年1月に自身のソロアルバム『Go with the Flow』をリリースしており、ジャニーズ事務所の後輩であるSixTONESとSnow Manが同月にデビューしたことに縁を感じているようで「SixTONESのメンバーと自分は、どうですかね。僕がソロデビューしたタイミングと、SixTONESとSnow Manのみんなが同期っていうことぐらいじゃないですかね(笑)。同じ2020年1月っていう。そこで僕もソロデビューさせていただいて彼らもデビューしたということなので」と語ります。 なかでもジェシーさんとは、木村の主演ドラマ「安堂ロイド~A.I. knows LOVE? ~」(TBS系)で共演した際に、お互いの連絡先を交換したそう。その後、ジェシーさんから「ご飯に連れて行ってくださいよ」とショートメッセージが何度も届いたそうですが、「僕は照れ隠しと『また今度な!』っていう意味合いも込めて、ちょっとハードルを高めに設定してしまったのは自分なんですけど、ジェシーへの返信に『デビューしたらな!』っていつも書いていたんですよ。ジェシーからは『マジっすか!? わかりました! じゃあ、頑張ります!』って」と2人のやり取りを明かします。 その後SixTONESが結成され、木村は彼らが番組に出演する姿やデビュー曲「Imitation Rain」のミュージックビデオで、ずぶ濡れでパフォーマンスしている姿を目にしていたそうで、「これも照れ隠しなんですけど、ジェシーに『風邪ひくなよ!』って、返信をしておいたんですけど(笑)」と振り返ります。 約束通りSixTONESとしてデビューを果たしたジェシーさんとまだ食事に行けていないことに、木村は「めでたいことに同じタイミングで彼らもデビューということで、僕がジェシーに返信し続けてきた『デビューしたらな!』っていう返信がもう使えなくなってしまったので。これは有言実行しないといけないなっていうのは、僕個人的にはあるんですけどね。(「デビューしたらな!」って)ずっと言ってきたので、実際にデビューもしたし、“おめでとう”も兼ねて1度食事に行かないとな~、とは思っている」と話します。 とはいえ、まだ新型コロナウイルスが収束していない最中だけに「今はこういう状況なので、もうちょっと新型コロナの問題が払しょくされたときが“ベストなタイミングじゃないかな” とは思っているんで。これは、拒絶ということではなく、今の状況があるから『ジェシー、もうちょっと待っててね!』っていう感じはあるかな」とラジオを通して宣言。 そして、SixTONESの本番組へのゲスト出演の要望の声についても、「『Flow』のスタジオって狭いじゃん(苦笑)。ここにメンバー全員6人が『お願いします!』って入ってきたら、たぶんぎゅうぎゅう詰めで完全な“密”になっちゃうと思うので……」と事情を説明しつつ、「もうちょっと広いスタジオがゲットできそうなときがあったら、SixTONESのみんなに来ていただくのもありかな」と話していました。 (TOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」8月30日(日)放送より)

【関連記事】