Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マイクロソフト、2画面ラップトップの発売を後ろ倒しに。一方、2画面スマホは近いうちに出るかも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ギズモード・ジャパン

まさかの2022年までおあずけですか? Microsoft(マイクロソフト)の2画面Android端末Surface Duoは近いうちに発売されそうですが、2画面ラップトップのSurface Neoの方はもうしばらく待つことになりそう。元々、2020年ホリデーシーズンの発売予定でしたが、「Neoの製造は一旦中止された」と報じられています。 この件を報じたLaptop Magの記事は、「リソースを他のプロジェクトに割くための判断だった」という匿名の内部関係者のコメントを引用しています。なお、Neoの新たな発売時期は未定とのこと。その一方で、同じくホリデーシーズンにリリースの予定だったSurface Duoは発売が早まった模様。当初、MicrosoftはSamsung(サムスン)のUnpackedイベント前の発売を目指していると推測されていましたが、Windows CentralのZac Bowdenによれば、Duoの新たな発売日は8月24日の週になるかもしれないです。 Neoの延期は残念ではありますが、Microsoftの判断はやむを得ないもの。パンデミックによってサプライチェーンにもたらされた混乱が、この判断の大きな要因となったと思われます。4月には、同社がWindows 10XとWindows 10Xを搭載したデバイス(Surface Neoのことですね)のリリースを2021年に延期すると決めたと報道されていました。ですがZDNetによれば、2021年にリリースされるのは10Xを搭載したシングルスクリーンデバイスになりそう。NeoのようなWindows 10Xを搭載したデュアルスクリーンデバイスの発売は2022年までお預けになるかもしれません。 当然のことながら、現在、Surface Neoの詳細についてはあまり分かっていません。米Gizmodoはダミーモデルではあるものの、昨年のMicrosoftのイベントで同デバイスを見る機会がありました。その当時Microsoftは、Neoの薄さは5.6mmで9インチのLCDディスプレイ2つがヒンジでつながっていると述べていました。重量は約655gで、Neo専用だとウワサされている第11世代のIntel Lakefieldプロセッサを搭載。プロトタイプにはマグネットで装着するペンもあり、オプションのキーボードを押し上げるとトラックパッドが現れるようになっていました。 発売時期の先送りは残念ですが、ここは完成度が高くなることを期待して気長に待つとしましょう。 Source: Laptop Mag, Twitter, ZDNet,

たもり

【関連記事】