Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ休業中の社員 人材不足の企業へ派遣 雇用打ち切り防止で新サービス

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
沖縄タイムス

 沖縄県内の人材派遣4社でつくる「人材サービス連絡協議会」(幹事役・島袋淳人材派遣センターオキナワ常務)は7月1日から、新型コロナウイルスの影響で業務量が減り、社員を休ませざるを得ない事業者の社員を、人材不足の会社に派遣する新たなサービスを始める。  コロナの第2波が来た場合、雇用を打ち切る事態が懸念されるために企画した。勤め先との雇用関係を維持したまま、人材不足で悩む別の会社に派遣することで雇用維持につなげる。  協議会メンバーの人材派遣センターオキナワ、プレンティー、ホット沖縄、りゅうせきフロントラインの4社が派遣を仲介する。  また、コロナの影響で失業した労働者を新たな就労につなげる支援事業では4月からの2カ月間で95人を市町村役場などへの短期雇用につなげたことも明らかにした。  島袋幹事役らが19日、沖縄タイムス社を訪れ、利用を呼び掛けた。問い合わせは人材派遣センターオキナワ、電話098(863)3737。

【関連記事】