Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キスシーンは? 発熱者が出たらどうする? 私たちの日常生活でも役立つ、映画撮影現場の新型コロナ対策

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BuzzFeed Japan

新型コロナウイルスの流行で映画やドラマの撮影も中断し、映画人たちは大きな打撃を受けた。撮影を再開するに当たって何に気をつけたらいいのか、独立系映画人たちの共助団体「NPO法人独立映画鍋」が感染症対策コンサルタントの堀成美さんを招いて9月3日、動画中継で勉強会を開催した。【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】 この日も、今、気をつけるべき対策についてアップデートした情報を講演し、質問に答えた。以下は堀さんのお話の詳報だ。堀さんはこう呼びかける。 「9月からは日常生活を取り戻すフェーズに入ります。これまで不安でとりあえずあれもこれも禁止してきたと思いますが、わかってきたことに基づいて不必要な対策は削ぎ落としましょう」

出演者はマスクなしでトーク

司会の映像作家で助監督の祝大輔さんの「今日は専門家の監修のもと、マスクは外してお届けします」という言葉から配信が始まった。 独立映画鍋では、撮影が中断し始めた3月末頃から、Facebookグループを作って海外の撮影ガイドラインの翻訳を共有しては、撮影再開の方法を模索していた。 その後、堀さんがアドバイザーに招かれ、勉強会の講師を務めるなど協力を始めた。この日も、今、気をつけるべき対策についてアップデートした情報を講演し、質問に答えた。以下は堀さんのお話の詳報だ。

新型コロナウイルスの話題は1月から始まりました。中国の武漢というところから流行り始めた病気ですが、そこに日本の方がいたので、急ぎ日本にチャーター機で連れて帰って来るところから始まりました。 その後、2月に横浜の客船の話が入ってきました。 3月になるとヨーロッパやアメリカから帰ってくる人たちがいて、そこから地域に広がる時期に入りました。3月から5月ぐらいは混乱していたんですね。 混乱して、ニュースを見ていた皆さんは、「何が何だかわからないけど、対策をやるだけやるか!」という感じでした。私たちは「対策を盛る」と呼ぶのですが、どんどん盛っていきましたね。 この対策が必要なのかわからないけど、とりあえずやらざるを得なかったという時期があったことを確認しておきたいと思います。 その3月~5月の間に私たちは色々学びました。例えば病院のお医者さんはどうすれば患者さんたちを救えるか、重症にならないようにできるかというコツのようなものがわかってきました。 すごく盛っていろんなことをやったけど、これ全部本当にいるの? これはいらないんじゃない?ということがわかり始め、6~8月はだいぶん確信を持つようになりました。 今日の時点で日本は、検査をずいぶんたくさん受けられるようになっています。4月と比べると検査が受けやすくなり、その分感染者の数は把握されるようになりましたが、軽症や無症状の人もたくさん診るようになっています。 数は増えたけど、4月頃のたいへんさと質が変わってきた。でも予防しないと、広がり自体は止まりません。

【関連記事】