Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

心臓が止まるかと思ったツイート 車いすユーザーが考える「強さ」 明るい話題を優生思想にしないために

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

「最年少の快挙」「日本人として偉業」。車いすユーザーの篭田雪江さんは、そんなニュースで盛り上がる時ほど「『弱いひと』は枠の外へはずれてほしい」という空気感につながらないか、心配になるといいます。ネットでは優生思想ともとれる言葉が飛び交う中、思い出すのは、高校の教室でしてしまった「失敗」を一緒に始末してくれた同級生のことです。「弱いひと」とは誰なのか、「弱いひと」は枠の外へはずれるべきなのか。篭田さんの視点から綴ってもらいました。 【マンガ】「ブス!」バカにしてくるのは姿が見えない「奴ら」女性と障害の闘い 薬との向き合い方は

夏休み前、車いすの下の異変

ある夜のこと。眠れないままスマートフォンでTwitterを眺めていると、某アーティストのツイートが流れてきた。それを見て心臓がとまるかと思った。 「大谷翔平選手や藤井聡太棋士や芦田愛菜さんみたいなお化け遺伝子を持つ人たちの配偶者はもう国家プロジェクトとして選定するべきではと思っている」 そんな趣旨のツイートをにらみつつ呆然としているとなぜか、30年近くたった今でも鮮明に残るあの記憶がよみがえってきた。 高校三年生の、もうすぐ夏休み、というある日のことだ。 二時間目ももうすぐ終わろうとしていた時、近くからなにか視線を感じた。かすかなささやきも聞こえた。私はあることに思い当たり、こわごわ車いすの下を覗き込んだ。シートの隙間から滴が垂れ、車いすの下に水たまりができていた。 尿が、漏れていたのだ。 下半身まひの身体障害のため排泄感覚が失われているので、小さい頃から失禁はしばしば起こした。高校入学からは尿漏れ防止用シートを下着のなかにつけていたが、この時はいつのまにかずれてしまっていたようだ。 冷汗がにじみ、ノートは一切取れなくなった。ほどなくチャイムが鳴って休み時間になり、先生は教室を出て行った。異変に気づいた様子はなかった。 まわりを気にしつつ机から車いすをずらした。鞄に突っ込まれていたポケットティッシュを取り出し、尿を拭った。しかし小さなティッシュでは到底拭いきれない量で、しかたなくハンカチも使った。 誰かの手を借りたかった。でも元来気弱な私には「ちょっと漏らしたから拭くのを手伝ってほしい」と言える勇気はとても出せなかった。まわりの生徒もおしゃべりしつつ視線をちらつかせて困惑するばかりだったし(その気持ちはすごくわかるので責める気など微塵もない。私も逆の立場ならそうだったかもしれないのだから)、そもそもこのことに気づいていない生徒がほとんどだった。

【関連記事】