Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「新宿を避けて池袋・渋谷へ」…東京“夜の街” の苦悩

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

東京の8日の感染者は75人で1週間ぶりに100人を下回りました。新宿を中心に“夜の街”での感染確認が相次ぐ中、池袋のある豊島区は独自の休業要請の方針を発表しています。池袋や渋谷の店からは、新宿エリアから人が流れてきているという声も。 “夜の街” の苦悩を追いました。 ■ 埼玉でも“夜の街”にクラスター 8日、48人の感染者が確認された埼玉県。そのうち、22人を占めたのがさいたま市の会見では…。 「11人の陽性者を出したホストクラブが発生いたしました。これもまた重く受け止めているところ。クラスターのひとつになったという認識です」 感染者はホストクラブの従業員で、客への検査の手配も進めているといいます。 一方、東京では――。8日午後6時ごろに行われた会見で、小池知事から感染者数について。 「75人の感染者数となっています。20代30代がやはり多いことから、50件、(全体の)66%になります」 7日ぶりに100人を下回った都内の感染者。会食で感染した人が7人、職場で感染した人が4人。そして、“夜の街”の関係者は24人。ただ、“夜の街”関係者の集団検査の結果は含まれておらず、都は警戒を続けています。

■イメージ悪化を危惧する飲食店関係者 東京・歌舞伎町のオイスターバー「オイ・スタ」では、マスクを着用し、客への消毒を徹底するなど、感染対策を続けながら営業していますが、6月の売り上げは去年の半分程度。 店長「歌舞伎町が悪いイメージになっちゃっている気がするんですよね。愛する仕事場の街。歌舞伎町はずっと長いので、また元に戻ってほしいだけですよね。年配の方も若い方もみんな楽しめる街なので」 40年近く歌舞伎町の飲食店を見続けてきた、新宿社交料理飲食業連合会の根本二郎会長はこう語ります。 「きょう(8日)、会議で聞いたら(店を)何軒も閉めていると言っていましたね。みんなコロナ対策をやっているわけですよ、一生懸命ね。だけども、やっぱり怖い街っていうのが 先行しちゃうのは残念」

【関連記事】