Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

KEYTALKが語る未来、4人の「個」が強くなれば「らしさはより強くなる」:インタビュー

配信

MusicVoice

<KEYTALK「サンライズ」インタビュー後編>  KEYTALKがレーベルを移籍してから1年が経った。「BUBBLE-GUM MAGIC」を皮切りに、4週連続配信リリース、フェス、ツアー、フルアルバム『DON’T STOP THE MUSIC』、そしてこれまでの5年間を総括するベストアルバムをリリースした。メンバーが口々に語るのは新しい環境での「手応え」だ。『DON’T STOP THE MUSIC』、そして今年3月にリリースした「サンライズ」にはそれが表れている。KEYTALKの進化が感じられるこれらの作品をメンバーはどう見ているのか。後編は新曲「サンライズ」の歌詞および歌唱と、KEYTALKの未来について。【取材・撮影=木村武雄】

二人のユニゾン、見つけた歌声の居場所

――首藤さんは「サンライズ」では歌に手応えがあったと話していました。 首藤義勝 そうですね。デモでは巨匠の歌が強く印象に残ったので、最初自分が歌うイメージがあまり湧かなくて。自分なりに巨匠の声との対比で出来ることを考えました。 ――巨匠と首藤さんのユニゾンを大事にしていると過去に話していましたが、「サンライズ」でもそれが取り入れられています。がいかがですか。 寺中友将 ユニゾンは個人的にすごく好きで、2人でハモるよりもパワーが強いのかなと。2人の声質はかなり違うので、そういう2人の声が重なった時に、新しい人が出来上がるみたいな。力強くて、2人分のパワーよりもさらに強いものが生まれるようなイメージがあるので。KEYTALKのボーカル2人がやることによって、かなり良いユニゾンパートができると思っています。 首藤義勝 まさにその通りだと思います…(笑)。 ――最後笑いがこぼれましたけど、どうしたんですか(笑)。 首藤義勝 巨匠が「2人の声が合わさって新しい人が出来上がる」と言っていたのが面白くて。想像しちゃって(笑)。 寺中友将 そうそう、八木くんが出来上がります。 八木優樹 え!? 俺…(笑)。 首藤義勝 実在する人じゃん(笑)。 寺中友将 八木くんが歌っているデモ音源の声が、俺と義勝の要素がちょっとずつあるんですよ。 ――首藤さんは歌うことも挑戦だったと言っていましたが発見はありました? 首藤義勝 発見というか、手応えですね。巨匠が作った曲で、自分なりの歌の声の居場所を見つけられたのは良かったかなと。今後、新曲が生まれていく中で、1曲1曲で歌を振られるたび、工夫していきたいと思います。 ――歌声の居場所はこれまでもあったんですよね? 首藤義勝 歌うだけで精一杯でした。ようやく抑揚みたいなものがつけられるようになってきて。 ――移籍後、より歌に力を入れているような気もしますね。 首藤義勝 それはありますね。 ――無意識のうちですか。 首藤義勝 プロデューサーさんが入って、作業していく段階で、歌詞の事でもディスカッションする機会が増えたおかげで、自然と歌に対する意識が向くようになった気がします。 ――目標に掲げている横浜スタジアムでの単独公演に向けては大事な要素のような気がしますね。 首藤義勝 「サンライズ」が良いなと思うのは、特定の楽器が耳につくことがなく、歌がすっと入ってくる感じ。楽器がフィーチャーされるであろう曲調の中で歌が抜けてきているというのが良かったと思います。

【関連記事】