Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

北海道ニセコの高級旅館12月開業 新日本海フェリー系「楽 水山」 1泊11万円から

配信

北海道新聞

 【倶知安】新日本海フェリー(大阪)のグループ会社、オーセントホテルズ(小樽)は後志管内倶知安町樺山に建設中の高級旅館を12月に開業する。旅館名は「楽(らく) 水山(すいさん)」で、30日からホームページで予約の受け付けを始める。外資系企業主導での開発が進むニセコ地域で、国内大手の進出も本格化し始めている。  「楽 水山」は平屋建て延べ床面積3400平方メートル。客室は13室が洋室で75平方メートル。残り5室は畳の間がある洋室で95平方メートル。冬期間(12~3月)は1人1泊2食付で11万円(税別)からとニセコ地域でも高価格帯だ。全客室から羊蹄山が眺望でき、温泉露天風呂が付く。通年で営業する。  昨年着工し、10月下旬に完成する。オーセントホテルズの施設は小樽市の「オーセントホテル」に次ぎ2カ所目。グループで運行するフェリーやクルーズ船と連動した利用も検討する。

【関連記事】