Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『BG~身辺警護人~』第5話 “章”木村拓哉vs“劉“仲村トオル”直接対決

配信

クランクイン!

 木村拓哉が主演を務めるドラマ『BG~身辺警護人~』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第5話が今夜放送される。第5話では、女優の成海璃子演じる角田凪子のストーカー被害をきっかけに、島崎章(木村)と劉光明(仲村トオル)が直接対決を迎える。 【写真】木村拓哉の相棒を演じる斎藤工 『BG~身辺警護人~』第5話より  「KICKS CORP.」の社長・劉が目をかけている第1秘書・岩田一也(三宅弘城)の下で、サブ秘書として働いている凪子(成海)が、夜道で引ったくりにスマホを盗まれケガを負う。子会社「KICKSガード」のボディーガードで凪子の恋人・沢口正太郎(間宮祥太朗)は、元同僚・章の口利きで整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)に緊急処置を頼む。  幸い凪子は軽症で、胸をなでおろす沢口だったが、なぜか凪子が防犯ブザーを複数所持していることが診察中に発覚。章が問いただすと、凪子が「少し前からストーカーに狙われている」と告白する。  相手は誰か分からず、沢口にも心配をかけたくなくて黙っていたという凪子。彼女の身が心配でならない沢口は、島崎と高梨雅也(斎藤工)に身辺警護を依頼する。ところが警護中、2人は凪子が無意識に取る行動に釈然としないものを感じ…。  その矢先、島崎と高梨はストーカーを取り押さえることに成功。ところが、その正体はどうにも信じがたい“意外な人物”だった。しかも背後には、ほかでもない劉が率いる「KICKS CORP.」の影がちらついていた…。  これは、単純なストーカー事件ではない。凪子とともにストーカーと真正面から闘い、封じられた真相に光を当てようと立ち上がる島崎と高梨。だが、行く手には“とんでもない盾”を構えた劉が立ちはだかる。その向こう側には「KICKS CORP.」の急所ともいうべき“致命的な秘密”が隠れていた。  ついに直接対決を迎える章と劉。物語は急展開で最終局面へ突入する。  木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』第5話は、テレビ朝日系にて7月16日21時放送。

【関連記事】