Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロン・サール、2ヶ月連続でカバーEPをリリース

配信

BARKS

ギタリストのロン・“バンブルフット”・サールが、今週金曜日(6月5日)、エルトン・ジョンやエイジア、サウンドガーデンらの曲をカバーしたEP『BAREFOOT 3』をリリースする。 ◆ロン・サール画像 『BAREFOOT』シリーズの3作目となり、バンブルフットの「Sleepwalking」、エルトン・ジョンの「Tiny Dancer」、サウンドガーデンの「The Day I Tried To Live」、エイジアの「Only Time Will Tell」、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズの「Come On Eileen」、ルーファス&チャカ・カーンの「Tell Me Something Good」の5曲のアコースティック・ヴァージョンを収録している。 サールは2008年にバンブルフットの曲をアコースティックでプレイした『BAREFOOT - THE ACCOUSTIC EP』を発表。その2作目となる『BAREFOOT 2』は先月初めにリリースしたばかりで、アイアン・メイデンの「Wasted Years」、ビリー・ジョエルの「Vienna」、ザ・ポリスの「very Little Thing She Does Is Magic」、ザ・ヤング・ラスカルズの「How Can I Be Sure」、ポール・マッカートニーの「Maybe I’m Amazed」をカバーしていた。 サールはまた、6月14日(日本時間15日午前1時)Jemi.appを通じ、初となるヴァーチャル・ミート&グリートを開催するという。参加申し込みや料金についてはJemi.app/bumblefootまで。 Ako Suzuki

【関連記事】

最終更新:
BARKS