Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロサーファー・村上舜「フリーサーフィンの道を突めていきたい。それが自分の夢です」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Tarzan Web

ワールドチャンピオンを狙い、オリンピック出場枠も手に入れた。新型コロナの影響で足踏みしているが、その先にもっと大きな夢を見て波に乗っている。(雑誌『ターザン』の人気連載「Here Comes Tarzan」、No.794〈2020年8月27日発売号〉より全文掲載) [写真]プロサーファー・村上舜

2か月の間、一切海に入らなかった。

小学校5年生、初めての海外旅行だった。泊まったのは平屋で半地下を持つ建物。その半地下の狭いスペースに2段ベッドが4つ。ここが、村上舜のサーフライフの拠点となった。ハワイなのに、とてつもなく寒い。眠るときは毛布をかぶっても震えるような寒さだった。 「冷房が効きすぎだし、部屋は狭いしで、僕の友達なんかも、あんなところには泊まりたくないって言うのが何人もいたんです。 でも、僕にしたら最高ですよ。場所はハワイのノースショア。建物の真ん前は、パイプラインという、サーファーなら誰しも憧れるポイントです。 といっても、あの波を乗れる人は、そう多くはないんですが。平屋の建物の隣には3階建てがあって、そっちには世界有数のサーファーたちが集まってくる。平屋のほうも1階は大会で成績を残したり、頭角を現してきた人が泊まる。1部屋に1人か2人です。で、僕らその他は半地下。成績を上げれば1階に、もっと上なら3階建てに行けると思いました」 パイプラインの大きくて、厚くて、力強い波は小学生の子供にとっては脅威だったろう。しかし、このときの経験をきっかけに、村上は世界で通用するサーファーに育ったのである。彼は昨年、宮崎で行われたワールドサーフィンゲームスに出場し、今や伝説のサーファーであるケリー・スレーターを破って4位入賞を果たした。 この大会は東京オリンピックの国ごとの出場枠を決める大会でもあり、普通なら出場しないような強豪選手を含め、55か国から240人が参加した。村上は格上選手を相手に堂々と戦い、決勝の4人に残る。その活躍によってサーフィン競技の日本選手の出場枠が2枠になった。 さらに今年の1月、QS(クオリファイシリーズ)5000で初優勝。サーフィンの最高峰の大会はチャンピオンシップツアーだが、毎年34人の出場枠が決まっていて、それに入るためにはポイントを稼がなくてはならない。QS5000はグレードで言えば2番目の大会で、村上はそこで大きなポイントを獲得したわけだ。「さぁ、これからだ!」と思ったに違いない。 しかし、新型コロナが来た。緊急事態宣言が出された後の、村上の行動はすばらしく潔かった。2か月の間、一切海に入らなかったのである。 「海にサーファーが大勢集まって、密になっているという話がよくニュースになっていたんです。駐車場を閉鎖してサーファーが密集しないようにした場所もあったみたいです。 自分が大好きなサーフィンが何か悪いことのように言われているのが悔しかった。何とかしようと思って、“僕らもサーフィンを自粛してるから、みんなも協力してほしい”って訴えたんです。 自分の知っているサーファーも自粛してましたよ。海に入れない間は、陸でサーキットトレーニングや走り込みをしました。だから体力的にはそれほど落ちていないと思いました。 2か月も海に行かないというのは、サーフィンをやりだしてから初めてだったのですが、体力面より感覚が狂って最初は調子が最悪でした。それでも何日かすると、元の感じが蘇ってきたけど」 愛するサーフィンが悪いイメージで世間に捉えられる。それが、村上にとって許せなかったのである。

【関連記事】