Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】下肢静脈瘤の日帰り手術って、どの範囲まで可能なの!? リスクはない?

配信

Medical DOC

足の表面がデコボコしてきたり、ひどいときには湿疹を伴ったりする「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」。どの範囲までなら手術で治せるのか、禁忌などの制限はないのか、考えられるリスクは何か。さまざまに湧く疑問を、「横浜血管クリニック」の林先生に投げかけてみました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 林 忍先生(横浜血管クリニック 院長) 慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学病院で臨床を積み重ねつつ、慶應義塾大学医化学教室にて細胞防御関連の研究で医学博士号を取得。その知見を済生会神奈川県病院、済生会横浜市東部病院勤務などでの血管外科臨床へ生かす。2016年には、横浜駅西口に血管疾患に特化した「横浜血管クリニック」開院。これまで、下肢静脈瘤の治療件数は1万例以上に上る。医学博士。慶應義塾大学外科学非常勤講師。日本外科学会指導医・専門医、日本脈管学会脈管専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術(レーザー治療)指導医・実施医ほか。

足の静脈には、1本の本流と2本の支流がある

編集部: まず、「下肢静脈瘤」という病気について教えてください。 林先生: 足の静脈にある「弁」が機能しなくなり、血液の逆流を起こしてしまう病気です。血管の蛇行やこぶなどを伴うことが多いものの、見た目に現れない場合もあります。 編集部: さらに詳しくお願いします。 林先生: わかりました。足の静脈は主に3系統あり、ふくらはぎに「小伏在静脈」が、太ももからすねの横にかけては「大伏在静脈」が、足の奥には「深部静脈」が、それぞれ走っています。蛇行やこぶは、皮膚の近くを走る「小伏在静脈」と「大伏在静脈」にのみ起こります。 編集部: 下肢静脈瘤の治療は、小伏在静脈と大伏在静脈に対しておこなわれるのですね? 林先生: そういうことになります。足に走る血液のうち約90%は、「深部静脈」を経て心臓に帰ってきます。ざっくり言うなら、大伏在静脈と小伏在静脈には、残り5%ずつの血液しか流れていません。だったら、逆流を放置するより、なくしてしまったほうがいいのではないか。それが、下肢静脈瘤手術の基本的な考え方です。 編集部: 「なくすこと」による弊害はないのですか? 林先生: ありません。むしろ逆流を放置していることのほうが弊害でしょう。蛇行やこぶ、血栓などを生じさせかねないですからね。ただし、大前提になるのは「深部静脈」がきちんと機能していることです。

【関連記事】