Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「ダニール・クビアトを見限るのはまだ早い」とビタリー・ペトロフ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TopNews

ロシア人初のF1ドライバーとして知られるビタリー・ペトロフが、後輩ドライバーのダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)を見限るのはまだ早いと主張した。 ●【決勝レース結果】F1第7戦ベルギーGPのタイム差、ピット回数、周回数 レッドブルの育成ドライバーとして2014年にトロロッソ(現アルファタウリ)からF1デビューを飾ったクビアトは、翌年にはフェラーリへ移籍したセバスチャン・ベッテルの後任としてレッドブルに昇格。その2015年は浮き沈みの多いシーズンではあったもののチームメートのダニエル・リカルド(現ルノー)を3ポイント上回る成績を残している。 ところが翌2016年序盤はレース中にアクシデントを起こすことも多く、母国で行われた第4戦ロシアGP後にマックス・フェルスタッペンと入れ替わりに再びトロロッソに降格されてしまった。 2017年もレッドブルの期待に答えることができず、シーズン終盤にシートを失い、契約も解除されてしまった。 しかし、2018年シーズンをフェラーリの開発担当ドライバーとして過ごしたクビアトは、レッドブルのドライバー不足もあって2019年に再びトロロッソに復帰を果たしていた。 ところが2020年シーズンはここまでに7レースを終えた時点でチームメートのピエール・ガスリーが18ポイントを稼いでドライバーズランキング12番手に位置しているのに対し、クビアトはわずか2ポイントしか獲得できておらずランキングも16番手にとどまっている。 最近、レッドブルとそのジュニアチームであるアルファタウリのドライバー育成責任者であるヘルムート・マルコがクビアトは期待通りのパフォーマンスを示すことができていないとコメントしたことも報じられている。 その一方で、レッドブルのドライバー育成プログラムメンバーである日本人ドライバーの角田裕毅がF2で現在ランキング3番手につける活躍を見せていることから、来季はクビアトが角田にシートを奪われるのではないかと考えられるようになっている。 実際、アルファタウリは今シーズン終了後にアブダビで開催される若手ドライバーテストに角田を起用する計画であることを明らかにしており、クビアトの将来が不透明な状況となってきているのは間違いないだろう。 しかし、2010年から2012年にかけてルノーやケータハムで活躍したペトロフは母国ロシアの通信社『Izvestia(イズベスチア)』に次のように語った。 「シーズンは長いし、ダニールはまだ流れを変えられると思うよ。あと数レースは様子を見るべきだね」 「ファンがクビアトの心配をする気持ちは分かる。だけど、F1でレースをしたことがあるドライバーとして、僕は一般の人には知り得ないことがたくさんあるのも知っているんだ。実際、今起きていることの半分も僕たちは分かっていないよ」 「チーム首脳やダニール本人しか知らないこともたくさんあるんだ。問題が彼自身にあるのか、あるいはセッティングなどの外的な要素にあるのかといったことをね。恐らく、ダニールは契約によって真実を全て明かすことができないのだろう」 そう語った35歳のペトロフは次のように付け加えた。 「でも、僕はフランツ・トスト(アルファタウリ/チーム代表)がダニールを擁護し、彼には速さがあると言ったことにも気付いているよ」

【関連記事】