Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

給付金10万円を活用! こんなに安く買えるのか! 個性で勝負できるカーオーディオ4選+α

配信

ベストカーWeb

    2020年7月8日現在、国民1人あたり10万円の特別定額給付金に関して、総務省は約4914万世帯、総世帯数の84.0%に給付率が達成したことを発表した。 【画像ギャラリー】給付金10万円で買える! 個性が際立つカーオーディオ4選+α   それでもまだまだ「振り込まれていない」という声も周辺では聞こえてくるが、それなりに各々が使い道を決めている頃だろう。   過去、2回にわたり紹介してきた「一律10万円の給付金シリーズ」、今回はグッと予算を抑えることができるカーオーディオの中からオススメの商品+αを紹介する。  文:高山正寛/写真:パイオニア、JVCケンウッド

■実は凄く進化しているカーオーディオ

    純正/市販とも現在のカーAVにおける主軸は「AV一体型カーナビ」である事に異を唱える人は少ないだろう。もちろんすでに装着されているカーオーディオに「ポータブルカーナビ」や「スマホナビ」をプラスして使っているユーザーも多い。   しかし1980~90年台の全盛期に比べれば市場自体が縮小しているのは事実。ではそれまでか、と言うと決してそうではない。   北米などではまだまだカーオーディオを装着してシステムアップを楽しんでいるユーザーも多いと聞く。一方、日本では前述したようにスマホが日々の生活に浸透していることもあり、このスマホとの連携が重要な鍵となる。   特にiPhoneやAndroidスマホ、またメディアプレイヤーなどとの接続するために  【1】Bluetoothまたは有線による接続 【2】ハンズフリー通話への対応 【3】ワイドFMも含めたメディア対応力 【4】【3】に連携するが、ディスクメディアの再生可否 【5】スマホ連携も含めた個性的な機能   を極力有しているモデルを選んでみた。   今回紹介する商品は、全体的に価格も抑えられているので、10万円の給付金を全て使い切るのではなく、自分のクルマのカーオーディオが古くなってきたり、新たに中古車を購入する際に「お手軽」に車内環境をグレードアップするのにも適している。  ※実勢価格はベストカーWeb編集部調べ。取り付け工賃等は別となるので事前に確認が必要

【関連記事】