Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【医師に聞く】脳梗塞は夏に多くなる!? 原因と対策は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Medical DOC

脳の血管が突然詰まってしまう脳梗塞。突然発症する病気とイメージする方も多いでしょう。しかし、仙川脳神経外科クリニック院長の山口竜一先生は、脳梗塞は夏に多くなるといいます。なぜ夏に多くなるのか、冬は気にしないで大丈夫なのか、脳梗塞の原因や生活の注意点について、解説いただきました。 [この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

【この記事の監修医師】 山口竜一先生(仙川脳神経外科クリニック 院長) 平成11年杏林大学医学部卒業。同大学医学部脳神経外科学教室入局。公立阿伎留医療センター、都立墨東病院、医療法人社団恵周会白河病院で勤務し研鑽を重ねる。平成18年杏林大学医学部脳神経外科学教室助教、平成20年杏林大学医学部脳神経外科教室医局長を経て、平成28年仙川脳神経外科クリニックを開院。MRIやCTなどの機器を導入した高いレベルの脳神経外科検査と診断を提供している。

夏の脳梗塞は水分不足によるケースが多い

編集部: 脳梗塞は夏に多いというのは本当ですか? 山口先生: 2倍増える、というような圧倒的に増えることはないのですが、夏は脱水になりやすいこともあり、夏のほうが多い傾向はあります。体内の水分が少なくなると、血液がドロドロになりますからね。 編集部: そもそも脳梗塞とはどんな病気なのでしょうか? 山口先生: 脳梗塞とは一言でいえば、脳の血管が詰まってしまう病気です。血流が途絶え、脳の神経細胞が死んでしまい、後遺症が残るケースが多いのが特徴です。 編集部: 脳梗塞はなぜ起きるのでしょう? 山口先生: 原因は二つあります。一つは動脈硬化です。動脈硬化とは、血管の内側にコレステロールなどがたまり、血管が狭くなって血液が流れにくくなってしまう状態です。動脈硬化になると、血圧のちょっとした変化などによって、血の塊ができて血管をふさいでしまいます。 編集部: もう一つの原因について教えてください。 山口先生: もう一つは心臓や頸動脈から血栓が流れてきて、脳の血管に詰まる場合です。よくある病気の一つが心房細動です。心房細動があると心臓に血栓ができやすい状態になり、心臓の血栓が血液の流れに乗って脳の血管に運ばれてきて、血流をふさいでしまうのです。この二つが脳梗塞を引き起こします。 編集部: 脱水が原因の夏の脳梗塞は前者ということになりますね。 山口先生: そうですね。動脈硬化の人は血液がドロドロしてくると流れが悪くなって詰まりやすくなりますから。夏は特に水分補給に気をつけなければいけません。 編集部: では、冬に気をつけることはあるのですか? 山口先生: 冬も気づかないうちに脱水になっていることがあります。冬は意識して水分をとることがおろそかになりがちなため、脱水になることがあります。ただ、冬になると脳梗塞より脳出血に注意が必要です。脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などを合わせて「脳卒中」といいます。これらは突然、血管が詰まったり切れたりする病気ですが、脳卒中全体では冬の方が多いのです。なかでも脳出血は冬に発症するケースが多いので注意しましょう。 編集部: 冬に脳出血が多い原因はなんでしょう? 山口先生: 一つは、冬のほうが血圧が上がりやすいこと。これは気温が低くなると血管が収縮するためです。もう一つは、ヒートショックという、急激な温度変化により、血圧が上下する現象です。お風呂場で倒れた、外に出た瞬間に手足の麻痺が出たなどということを聞いたことがあると思います。これがヒートショック。急激な血圧の変動は、脳出血を引き起こす原因になります。 編集部: この場合も動脈硬化がベースにあるのですか? 山口先生: その通り。動脈硬化は血管の老化ですが、外からは見えないため放置されがちです。でも突然、脳卒中を引き起こすことがありますから、油断できません。

【関連記事】