Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

人の姿が消えたニューヨーク:ロックダウン下の街をとらえたパノラマ写真

配信

WIRED.jp

写真家のナタン・ドヴィルは3月のある夜、人が消えたニューヨークの5番街にたたずんで涙をこらえていた。 【画像】ロックダウン下の街をとらえた12枚のパノラマ写真をみる ショッピングの中心地であるこの通りは、2008年にこの街にやって来たドヴィルが最初に撮影プロジェクトの被写体に選んだエリアだった。そんな思い出の場所は、いまや街全体のロックダウン(都市封鎖)によってまるでゴーストタウンと化し、ブティックも土産物店もみなシャッターを下ろしていた。 ドヴィルは11年暮らしたニューヨークを離れ、故郷イスラエルのテルアヴィヴへと発つ日を翌日に控えていた。帰国は数カ月前から計画していたが、パンデミックの影響で前倒しになっていたのだ。 「5番街に立っていると胸がいっぱいになってきました。あの場所で撮ってきたすべての写真が目に浮かびました」と、ドヴィルは振り返る。「とにかく両手をしっかり安定させてシャッターを切ろうとしていました」

ニューヨークに別れを告げるプロジェクト

ドヴィルは5番街を切り取ったパノラマ写真を「iPhone X」で撮った。イスラエルへの帰国を前にニューヨークでの最後の日々を記録した作品「The Last Walks」の1枚だ。 新型コロナウイルスの感染拡大の“中心地”となったニューヨークでは、ピーク時には1日の死者数が連日700人を超えていた。そんなパンデミックのさなかに街を離れなければならないという現実が、ニューヨークに別れを告げる最後のプロジェクトをさらに胸に迫るものにした。 ドヴィルは3月21日の出発を前に数日かけて街へ出かけ、お気に入りの場所をカメラに収めて回った。ブライアント・パーク、新ワールドトレードセンターの「オキュラス」、ブルックリン橋、グランドセントラル駅などだ。 どの通りも人の姿はまばらだったが、それでも用心して対策をとった。マスクをし、使い捨て手袋をたびたび取り換え、人との距離を6フィート(1.8m)以上開けた。地下鉄には乗らず、徒歩かタクシーを使った。

【関連記事】