Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

現代に続く熟練工の職人技 手組みエンジンにまだ意味はあるのか? 

配信

ベストカーWeb

    技術的ブレークスルーによって、クルマの製造工場でも、自動化・機械化がどんどん進む現代。複雑であり、高度な組み立て精度が求められるエンジンの組み立てにおいても、その工程の多くが自動化・機械化されている。 【画像ギャラリー】選ばれし熟練工『匠』の技 手組みエンジンが持つ意味   現代では、0.01ミリオーダーでの加工も、締め付けトルクの管理なども、飛躍的に性能向上したロボットによって、高精度で行うことができるため、高度な精度が求められるエンジンの組み立てであっても、すべての工程を人間がやる必要は、通常ならば、ない。   しかし、一部のクルマでは、今でも職人が手作業でエンジンを組み立てている。R35型のGT-Rのエンジン「VR38DETT型」もその一つだ。なぜ、これほどまでに技術が進んだ現代でも、手作業でエンジンを組み立てる必要があるのだろうか。  文:吉川賢一/写真:NISSAN

■なぜエンジンの手組が必要なのか? 

    エンジンを手組みで作り上げているメーカーは、意外と多い。R35GT-Rの他にも、フェラーリや、メルセデスAMG、そしてBMWのMも、エンジンは手組みによって製造されている。なぜ、手組が必要なのか? R35GT-Rのエンジンを組み立てる「匠」を例に、考えてみる。   R35型GT-Rがデビューしたのは今から13年前の2007年。デビュー当時は480psからスタートしたが、年々改良を重ねて磨き上げ、2014モデルのNISMOで遂に600psを達成した。   これらのエンジンはすべて、「匠」と呼ばれる限られた熟練工により、組み立てられている。しかも分業ではなく、一人の匠が一基のエンジンを、責任をもって完成させている。  「匠」は、日産社内でも、選び抜かれた、エンジン組立のエキスパートだ。「匠」の人数はわずかに5人。特別な資格というものはないが、「匠」になりたいと思って手を挙げても、簡単になれるものではない。少なくとも他のラインで10年以上の経験が必要で、その中から、選び抜かれる必要がある。   そして、念願のチームへ配属されてからも、5年は経験をしないと、「匠」とは呼ばれない。「匠の候補生」と呼ばれるだけなのだ。   候補生といえども、エンジンの組み立てに関してはエキスパートであり、作業工程を熟知し、他の匠の作業をトレースすることはできる。では、なぜ5年も経験を積んだのちでなければ、「匠」にはなれないのか。   それは、エンジンに対する情熱をもつことで、感覚を研ぎ澄ませ、そして、機械では測れないレベルの精度を、妥協せずに追求する精神力を養うため、だ。

【関連記事】