Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

菅田将暉の優しい声…大好きなグザヴィエ・ドランの新作映像で朗読担当

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
シネマトゥデイ

 『Mommy/マミー』などで知られるグザヴィエ・ドラン監督の新作映画『マティアス&マキシム』(9月25日公開)から、ドランのファンを公言してきた俳優の菅田将暉がポエムの朗読を務めた特別映像が公開された。 菅田将暉が朗読!『マティアス&マキシム』特別映像  映像で読み上げられる詩「傷痕」は、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の原作者でもある詩人の最果タヒが、本作に捧げたもの。その「傷痕」を朗読する菅田の優しい声にあわせて、予想外の恋に落ちる主人公それぞれの視点から紡がれた美しい映像が映し出される。

 『マティアス&マキシム』は、ルカ・グァダニーノ監督の『君の名前で僕を呼んで』に感銘を受けたドランが、二人の青年の友情と揺れる恋心を描いた青春ラブストーリー。友人撮影の短編映画で男性同士のキスシーンを演じることになった幼馴染のマティアスとマキシムが、キスをきっかけに心のうちにあった互いへの思いに気づき始める……。(編集部・吉田唯)

菅田将暉の映画へのコメント

傷みに耐えられる心など ある筈もなく 果てしなく痛々しい でもその姿が最高に美しい 人間には愛がある そう教えられた気がします

【関連記事】