Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

パチンコ出玉速度に特化した機種が人気化 規制と緩和繰り返す業界の未来は

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マネーポストWEB

 出玉規制とともにユーザー離れが深刻化しつつあると言われているパチンコ業界だが、そんななか、今年の4月に導入された『P大工の源さん 超韋駄天』(三洋物産)というパチンコ機種が話題となっている。パチンコ業界に詳しいフリーライターの藤井夏樹氏が解説する。

「この『P大工の源さん 超韋駄天』は、1996年から続く『大工の源さん』シリーズの最新機種。“超源RUSH”と呼ばれる状態に入った時の、出玉スピードがかなり速いということで人気が出ています。一度RUSHに入ると平均3.5秒で当たりか否かが判明、約93%でRUSH状態が継続するという出玉システム。とにかく出玉の増加速度が速くて、RUSHが続きさえすれば、1時間で3万発以上出るといわれています。3万発というのは、等価交換で考えれば12万円分。かなりの出玉です」(藤井氏・以下同)

 実際にSNSを見ると、“17分で1万2000発”、“27分で1万8000発”、“40分で約3万発”などといった出玉報告が多数投稿されているのを確認できる。

「ここ最近のパチンコは、出玉スピードというものを重視する傾向にあり、この『P大工の源さん 超韋駄天』は、まさにその速度を楽しむ機種といえます。今後この傾向は続きそうです」

 しかし、当然ながら出玉スピードが速いからといって、勝ちやすいというわけではない。

「まずRUSHに入れるのが大変で、さらにRUSHに入っても、すぐに終わってしまうこともある。それこそ数万円使って、やっとRUSHに入ったけど単発で終わる、なんてこともあります。それだけリスクが高い機種でもあるといえます」

『P大工の源さん 超韋駄天』のような特徴的な出玉性能を持つ機種が人気になると、パチンコ業界も盛り上がることになる。

「『P大工の源さん 超韋駄天』自体は、販売台数がそこまで多くないので、この機種だけで大幅な集客アップが見込めるというものではありませんが、今後この手の機種が流行っていけば、パチンコファンも増えていくことが見込まれる。そういう意味では業界が期待している部分は大きいと思います」

【関連記事】